2008年 07月 17日 ( 1 )

 

市内高校PTAによる自転車の合同交通指導

 小中高校は、今週で1学期が終わる。
 今週は、夏の交通安全運動期間だが、その前の週になる7日~11日の朝は、富士市内の高校PTAによる交通安全指導が行われた。

 このところ、高校生の自転車が事故にあうケース(被害者にも、加害者にも)が増えている。
 そうした中、今年3月、私が富士東高のPTA会長だった時、東高の1年生が自転車通行が可能な歩道を走っていて、大型トラックに巻き込まれて死亡した。

 この事故をきっかけに、市内の高校PTAが合同で自転車の交通安全対策に取り組もうということになった。
 どの学校も、PTAはいくつかの支部に分かれている。それぞれの支部内で、交通量が多く危険な交差点などにPTAメンバーが立ち、自分の子どもが通う学校だけでなく、そこを通る全ての高校生に「おはよう」と声をかけ、危険な乗り方をしている生徒には注意をしようというものだ。
 このような考えで、先週は毎朝違う学校のPTAが市内の主要交差点などに立って、指導を行った。

 富士東高PTAの指導日は、10日(木)だった。
 私は、自分の家が含まれる第2支部(吉原二中学区=今泉地区)で選定した2つの交差点を見て廻った。
 最初は、吉原高校東側の県道富士裾野線の交差点。
f0141310_23294383.jpg

 ここは、本当にたくさんの高校の生徒が、さまざまな方向に横断歩道を渡っていく。
 学校名を確認しただけでも、吉原高校、富士東高、吉原工業、吉原商業、富士見高校だ。
f0141310_2330260.jpg

 この交差点は、どの高校のPTAも立つ場所であり、もうこの日で4日目ということもあって、高校生も慣れている(?)
 「おはよう」と言えば、だいたい「おはようございます」と返ってくる。

 次は、そこから県道を500mほど北に行ったキミサワ駿河台店前の変則交差点だ。
f0141310_23314215.jpg

f0141310_2331634.jpg

 ここは、大半が富士東高の生徒だ。
f0141310_23321450.jpg

f0141310_23323288.jpg

 みんな坂を登ってくるので、信号で止まると汗をぬぐう。
 「君はどこの中学出身?」と聞くと、「富士南中です」。「ここまでどの位かかった?」、「40分くらいです」。
 私ならフラフラになる時間、毎日ペダルをこいで登って来る。これだけで疲れてしまう。
f0141310_23334919.jpg
f0141310_23341110.jpg

 そして、ここから先の県道はカーブしているので車道沿いを走るのは怖く、狭い歩道を尻を振りながらペダルを踏んで登って行く。
 それだけでも危険だが、同じ歩道を下に向かう別の学校の生徒もいる。
 最低限、左側通行をしっかり指導しなければならないが、道路整備そのものも大きな問題だ。

 改めていろいろな問題がわかったが、今回の指導で重点項目に上げていた「ウォークマンはしない」を守っていなかった生徒が2人いた。
 自殺行為でもあり、殺人行為にもつながる。
 19日の全体反省会には出席できないが、気がついたことはしっかり記録し、次のPTAの皆さんに伝えようと思う。
 そして市議会議員としても、早急に取り組んでいかなければならない。

by koike473 | 2008-07-17 23:35 | 教育 | Trackback | Comments(2)