2008年 07月 10日 ( 1 )

 

富士山観光交流ビューローでの宮本倫明氏講演会とワークショップ

 8日(火)は、午後から「富士山観光交流ビューロー」主催の「講演会&交流会」があった。
f0141310_233413.jpg

f0141310_234337.jpg

ビューロー菊池専務のあいさつ

 ビューローとしては、外向けの初めての活動だ。
f0141310_234292.jpg

 講演は「地域ブランドづくり事始 -心を動かす地域づくりー」のテーマで、演者は、地域ブランディングプロデューサーの宮本倫明氏だ。
 最初、テーマと宮本氏の肩書きを聞いたとき、「ブランド」という言葉に違和感を感じたが、講演とその後のワークショップを終えて、充分な満足感を味わった。
f0141310_2354596.jpg

 講演は、宮本氏がプロデュースした「えひめ町並博2004」の取り組みが中心だった。
 「パビリオンのない『まちづくり型観光博覧会』」をコンセプトとしているが、「まちづくり型」としているところがキーだ。
 さまざまな立場の住民が集まり開催する座談会(井戸端会議)を繰り返す中で、「観光」、「生業」、「まちづくり」をクロスさせた新たな取り組みアイデアを発案する住民グループができ、そのグループごとに新しい観光商品を創り出していった。その数は、計83のグループに上がったそうだ。
 例えば、人力車や昔の着物を使った「蘇れ!明治の婚礼企画」、「竜馬脱藩の道踏破ツアー」などなど。
 それを博覧会の1年間は行政が資金面でバックアップし、継続可能な事業として具体化していった。
 博覧会終了後も、66(8割)のグループが事業を継続し、更に現在はその数が115団体に増えている。
 単なる客寄せの博覧会だけでなく、その後の住民主導のまちづくりも視野に入れた、と言うより、それ自体を目的とした取り組みだ。

 講演を聞いていて、昨年「富士山観光交流ビューロー設立準備会」で議論してきた「チャレンジミーティング」そのものだった。
f0141310_2363214.jpg

f0141310_2381830.jpg

 そしてワークショップ。参加者が12のグループに分かれ、「ワールド・カフェ」という名前のワークショップ方式で、「自分と観光ビューロー」を大きなテーマに議論を行った。
 いつも行っているワークショップとは違い、
  ・Q1 自分はビューローと○○をしたい
  ・Q2 自分はビューローに、こんなサポートや貢献ができる
  ・Q3 ビューローに何を期待する?
  ・Q4 今日集まった人々とビューローはどんな関係を築けばいいか
のそれぞれの質問について、Q1について10分間議論したら、全く自由に別のテーブルに移動し、新たなグループを構成し、そこでQ2についてまた10分間議論する。
f0141310_2384769.jpg

座席の移動
f0141310_239011.jpg

 議論しながら、テーブルに敷かれた模造紙に、思いつくままキーワードや絵を書き込んでいく。
 これを繰り返し、4つの質問について議論する。
 この手法は、
 ・メンバーが入れ替わることにより、より多様な考えに触発され、自分の発想が豊かになる
 ・移動した席の前に書かれている言葉や絵(前にこの席に座った人が書いたもの)を見て、更に自分も新たな発想が沸く
などの効果を狙ったもののようだ。
f0141310_2393748.jpg

 この検討の総括として、12のグループの内、2つのグループのホスト(進行役)からまとめの発表がされた。
 いずれも「このような顔が見えるディスカッションを、今回で終わらせることなく継続してほしい」との意見だった。
 この日の取り組みも、まさしく「チャレンジミーティング」だった。

 ただ、心配な点が1つある。
 宮本氏のようなプロデューサーと、各グループのホスト(進行役)の役割がとても重要だ。
 この人材をどのように確保、育成していくかが大きな課題だ。

by koike473 | 2008-07-10 23:16 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(2)