2008年 07月 07日 ( 2 )

 

「富士市STOP温暖化地域協議会」の設立総会

 5日(土)は、午前中、水害の現場確認を行い、午後からは、フィランセで開かれた「富士市STOP温暖化地域協議会」の設立総会に参加した。
f0141310_23392295.jpg

 後で規約を確認し驚いたが、この協議会は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」の規定に基づき、各市町村に組織することができる会だ。
 法律では、「日常生活に関する温室効果ガスの排出の抑制等に関し必要となるべき措置について協議し、活動を進める」組織とされ、中心メンバーは「地球温暖化防止活動推進員、事業者、住民その他の地球温暖化対策の推進を図るための活動を行う者」が想定されている。

 富士市の協議会の設立発起人は、地球温暖化防止活動推進員であり、私が所属するNPO法人ふじ環境倶楽部のメンバーでもあり、また元富士市議会議員の鈴木澄美さん(すみよしさん)だ。
f0141310_23425728.jpg
f0141310_23431195.jpg

あいさつする山田辰美会長(富士常葉大学環境防災学部教授)。その写真右側が「すみよしさん」。上の写真の「葉っぱのキツネ」は、山田先生作。

 すみよしさんは、私が尊敬する先輩だ。市議会議員を経て県議会議員選挙に臨んだが、残念ながら落選した。しかし今もとても前向きだ。
 そのすみよしさんから、2ヶ月ほど前のふじ環境倶楽部の定例会で、「今度こんな組織の立ち上げを考えているので、賛同できるようなら是非参加してほしい」とお誘いを受けていた。
 その時には、「参加する各団体が取り組んでいることを、『地球温暖化』の切り口で考えたらどのように関連があるか考え、『へー、そうなのか』って思ってもらうことから始められれば・・・」、「じゃあ、環境倶楽部だったら、『森づくり』はCO2を固定することにつながるという点で、地球温暖化に関連があるっていう話だよね」のような話だった。

 設立総会で示された会のキーワードは「もったいない」であり、活動方針は「自ら実践」と「普及啓発と学習」だ。
 正直なところ、事業計画は、初年度はまだはっきり固まっていないような感じを受けた。しかし、「地球温暖化防止」というものすごく大きなテーマに対して、我々は、一人ひとりができることから始めていくしかない。
 ふじ環境倶楽部会員としての参加の中で、さまざまな刺激と情報を受け、更に議員活動にも活かしていこうと、この協議会会員に登録した。

 まずは、気軽に乗れて、CO2を出さず、街歩きに最適な「自転車」に乗ることの楽しさを、この協議会を通じても広げられればと思う。
f0141310_23405572.jpg
f0141310_2341587.jpg

総会終了後、山田先生とともに講演を行った杉山涼子理事(富士常葉大学環境防災学部准教授)。スラリとしたビケイの先生!

by koike473 | 2008-07-07 23:50 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

4日早朝の大雨による被害は甚大!

 先週金曜日(4日)明け方の大雨は、市内に大きな被害をもたらした。
 市からの正式な連絡はないが、新聞報道では床上浸水が計29戸、床下浸水が202戸とされている。
 私が住む今泉駿河台3丁目でも床上浸水が1戸あり、東名高速をはさんで隣接する青葉台地区の東名側道沿いで10戸ほどが床上浸水した。
 青葉台、今泉の両地区は、同じ流域に含まれるエリアも多く、青葉台の被害にあった10軒は、私の自宅から数百mにあり、5日の朝から被害状況を確認に出かけた。

 とにかく「どうしてこんなに被害が!」と絶句した。
f0141310_2355729.jpg
f0141310_23553725.jpg
f0141310_2356173.jpg

f0141310_23564690.jpg

サッシの戸の窓ガラスに水位上昇の跡が!ここは床上浸水1m以上。

f0141310_2357529.jpg
f0141310_23572114.jpg

水没した書類を乾かしている。

 当時の様子を聞くと、「雨が強くなってきたので、犬を家の中に入れようと外に出たら、急に水かさが増してきた」、「車を移動させようとしたが、みるみる水位が上がり、水圧でドアが開かなくなった」、「タタミを上げる間もなく、あっという間に床上30cmまで水が来た」など。
f0141310_23575823.jpg
f0141310_23582228.jpg

干してあるタタミのずいぶん上まで水が来た跡が!(WL)
f0141310_23583595.jpg

防音壁が溜まった水の水圧で曲がり、その間から東名道路側に水が落ちたため、多少は排水された。

 東名の北側側道沿いは、
  ・東名に架かる道路橋の間に低地が多い
  ・この低地部から東名の下を横断して下流(今泉地区)に流す水路の容量が小さい?
  ・この20~30年ほど、上流部(富士山麓)が開発されたため、水の出方が速くなっている
  ・更に東名の防音壁設置により、これまで東名の高速道路法面に流れていた水が流れないばかりか、防音壁が堰となり、低地にみるみる水が溜まる

 地形的に谷部になっていることに加え、東名高速道(防音壁含む)によって流れが止められてしまっている。
 皮肉なことに、このエリア一帯が「調整池」になってしまっている。

 被害にあわれたお宅は、大半の家財道具が水浸しだ。まだ梅雨が続く中、片付けは容易ではない。
f0141310_2359785.jpg

家族の写真集までもが・・・。

 同じ流域の議員として、早急に対策を関係機関に相談しなくては。

by koike473 | 2008-07-07 00:18 | 防災 | Trackback | Comments(2)