2007年 12月 21日 ( 2 )

 

行ってきました!イオン富士南ショッピングセンター

 昨日、田子の浦港のシンボル緑地に行った時に、イオン富士南ショッピングセンターに寄った。
f0141310_23103438.jpg

f0141310_23111315.jpg

イオン富士南ショッピングセンターパンフより

 開店から20日経ち、平日なので、そろそろ空いた頃だろうと思って出かけたが大違いだ。
 平日の13:30過ぎだと言うのに、1,100台入る駐車場は、ほぼ満車だ。誘導員に聞くと、「平日はこの時間帯が一番空いた時間です。第2、第3駐車場も入れると、約2,000台入りますが、土日は全く足りません」とのことだった。

 店内は、「モール方式」という構成がとられている。「モール」とは、もともと歩行者専用道路のことであり、次第に歩行者専用道路に面した商店街のことを「ショッピングモール」と呼ぶようになってきた。
 つまり「モール方式」は、ショッピングセンター(SC)の中に、中央のメイン通路に面して専門店が配置され、通路を歩きながら購入する店に出入りするようなSCの形式だ。
f0141310_23113821.jpg
f0141310_23114685.jpg

敷地外周部の植栽。イオン系列のSCでは、多くの店で近隣の皆さんの手による植樹を行っている。

 以前にも書いたが、吉原や富士の商店街は、そのまますっぽり入ってしまう規模だ。
 そして通路を、この時間にどこから湧き出てきたのだろうと思うほど、人が歩いている。それも20~30代の小さな子どもを連れたお母さん達がとても多い。うれしそうな女性の顔と、笑ったり泣き声を上げる子ども達がやけに目立つ。「一度ここに来た彼女達は、もう決して吉原の商店街には行かないだろうな」と思う。
 飲食店も多い。14:00近いというのに、行列ができている店が何軒かあった。富士、吉原にもこの客を分けてやりたいと思うが・・・。

 私は、特に何を買うつもりもなく入ったのだが、結局は食料品を3,000円ほど買った。
 中でも、いろいろなところで買う「メンタイフランス」は、専門店で入っている東京のパン屋と、マックスバリューの両方で1つずつ買った。
f0141310_23121768.jpg

 東京のパン屋は小さくて252円(写真下)。マックスバリューは倍近い大きさで120円(写真上)。東京のパン屋は、焼きたてのパンを種類ごとにケースに入れ、その香りと温かさをそのまま持って帰れるような工夫がされていた。
 この割合で行くと、東京のパン屋のパンは、マックスバリューの4倍の味でなければならないが・・・。でも私には、マックスバリューの方がうまかった。(ホント)

 富士、吉原の商店の皆さんは、一度じっくりこのSCと、入っているそれぞれの個店を観察してみる必要があるだろう。
 品揃え、ディスプレイ、接客、トイレ、休憩コーナー、その他のサービスなどなど。敵情視察もせずに、文句だけは言っていられないだろう。
f0141310_23123328.jpg
f0141310_23124132.jpg
f0141310_231249100.jpg

シャトルバスは、吉原中央駅、富士駅と結び、夜は23時過ぎまで運転している。こんな遅くまで動いているバスは、市内には他に無い。

by koike473 | 2007-12-21 23:19 | 富士市内各地の風景 | Trackback | Comments(6)  

田子の浦港 富士地区シンボル緑地

 今日は、午前中、11月に開催した「津田・荒田島地区まちづくり井戸端会議」で出された地区の課題について、市の関係課に相談や現状の確認に廻った。
f0141310_1224466.jpg

 いろいろな課題があるが、
  ・市や県に要請すること
  ・地域で工夫して取り組むこと
に分けられる。
 「市や県に要請すること」の中には、私が役所に状況を聞いた上で、町内会長さんなど、地元から要望してもらうべき課題も多い。
 これから、地元と役所の関係課との間を「通訳」するつもりだ。

 午後からは、田子の浦港の西側海岸に整備中の「富士地区シンボル緑地」の工事状況を見学に行った。
 田子の浦港のしゅんせつ土をセメント固化し、既存堤防の海側に埋立ててできた面積7.6haの広大な緑地(公園)だ。
f0141310_1232025.jpg
f0141310_1262611.jpg
f0141310_123442.jpg

 この緑地は、地元の田子浦地区の皆さんが何年もかけて検討し、同じような海沿いにある先進地(公園)を見学したりしながら、まとめ上げたプランをもとに工事が進んでいる。
 私は、前職で、田子の浦港周辺全体の中での緑地の役割り、あり方を確認したり、地元の皆さんとプランを再検討したりした。
 そんなこともあり、工事の進捗状況が気になっていた。
 先日、この公園の管理運営に地元も積極的に関わり、田子浦地区のまちづくりに活かしていこうとNPOを立ち上げた中心メンバーの方にお会いした。
 「地元が中心になり管理運営する西端のゾーンから上物の工事も随分進み始めたよ」と伺ったので出かけた次第だ。
f0141310_1241154.jpg
f0141310_1242179.jpg
f0141310_1243162.jpg

 改めて敷地を眺めると「広い」の一言だ。

 この一角で、田子浦地区ならではの「塩」と「砂糖」を皆さんでつくろうとしている。
 「塩」は駿河湾の海水から。「砂糖」は、砂地である田子浦では、昔からサトウキビが栽培され砂糖を絞ったそうだ。
 NPO法人の名前は、「田子の浦・湊・まち育ての会」です。今後、是非注目してください。

by koike473 | 2007-12-21 01:27 | 花・みどり・公園 | Trackback | Comments(0)