2007年 12月 18日 ( 2 )

 

国際ミーティング・エキスポ

 今日は、東京に出かけた。
f0141310_23282925.jpg

f0141310_23321280.jpg

 有楽町にある「東京国際フォーラム」で開催されている「国際ミーティング・エキスポ(IME)」を見学に行った。
f0141310_23334977.jpg

 この「国際ミーティング・エキスポ」は、コンベンション(各種の会議、大会、学会など)に関する日本で唯一の見本市だ。コンベンションを誘致しようとする県や都市、ホテル、旅行会社などがブースを出し、会議や大会の主催者などを招いてPRや商談を行うものだ。これ自体が一つのコンベンションだ。

 来年4月に開設する「富士山観光交流ビューロー」の柱の活動に「コンベンションの誘致・調整」がある。
 そんな関係で、コンベンションの先進都市が集まるこのIMEに、ワーキンググループのメンバーで出かけた次第だ。8:00に市役所から、総勢15名でマイクロバスで出発した。
f0141310_2329237.jpg
f0141310_23293168.jpg
f0141310_23294338.jpg
f0141310_23295070.jpg

 会場には、計67のブースが出展していた。
 どの県や都市も、自分のところに会議などを誘致し、参加者に宿泊してもらい、その後の観光(アフターコンベンション)でもお金を落としてもらおうと必死だ。
 どのブースも、美しい風景の写真を背景に、郷土色豊かな演出だ。パンフレットや地図を用いた説明はもちろんのこと、様々な特産品などをおみやげに配っている。うどん(香川県)、しいたけ(山口県)、ビール・日本酒(北海道)などなど。更にクオカードまでだ。
f0141310_2330642.jpg
f0141310_2330146.jpg

 静岡県からも、県、静岡市、浜松市の観光ビューローなどが出展していた。茶娘によるお茶のサービスや毛氈を敷いたベンチなどの演出は、贔屓目かもしれないがホッとするような「おもてなし」だと感じた。

 出展している都市は、どこもコンベンションの実績は充分の先進地ばかりだ。
 このような都市に伍して取り組んでいくには、相当の覚悟と戦略、予算が必要だ。
 とにかく、「富士市」と言っても知っている人は静岡県を除いては皆無だった。
 せめて富士山・伊豆とのセット位で売り出し、なおかつ地道に営業しなければ、会議の誘致はできそうにない感じだ。

 全部のブースはとても回れなかったが、計16のブースで資料とおみやげを両手に持ちきれないほどいただき帰ってきた。
 これから分析だ。

by koike473 | 2007-12-18 23:35 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(0)  

第2回セカンドライフ促進協議会

 今日は、第2回セカンドライフ促進協議会があった。
f0141310_2171656.jpg

 私は、議員としてではなく、事務局を担当しているNPO法人コミュニティシンクタンクふじ(=CTTF)のメンバーとしての参加だ。
 10月28日に開催された「セカンドライフ進路相談会」の結果と、それを受けての今後の進め方について協議した。

f0141310_2172762.jpg

 「セカンドライフ進路相談会」は、結果的には失敗だった。シニア層の皆さんが80~100名程度の来場を見込んでいたが、27名しか来なかった。
 また、これに対する事務局側の見解として
  ・全体的な広報不足
  ・ターゲットの誤り(これからリタイアする団塊=現役世代を対象にしたが、まだセカンドライフを考える余裕がない)
と説明した。
f0141310_2173824.jpg

 これに対し、協議会のメンバーになっている企業や団体の皆さんから、かなり厳しい意見をいただいた。
 ・「団塊世代にこのようなニーズはないのでは?」
 ・「少なくとも現役世代にはこのような余裕や考えようとする気持ちがないのでは?」
 ・「団塊世代は、一人ひとりが主体的に動くので必要ないのでは?」
 ・「企業を通じてよりも、地域からアピールすべきでは?」
 ・「『相談会』のようなイベントを先に出すのでなく、相談できる事務局や情報があることを広報すべきでは?」などなど。
f0141310_2175215.jpg

 いただいた意見は、そのいくつかは確かに私を含めた事務局も感じているところだ。
 今後の進め方については、この事業の必要性にまで戻って議論しなければならない。
 ただ、シニア層の皆さんに、どうにかして長く元気で、生きがいを持って、なおかつ社会参加してもらうことは、これからの世の中の大きなテーマだ。
 それは、シニアの皆さん個人や、さまざまな活動の結果が反映される地域社会へのプラスの面だけでなく、福祉や医療等の社会保障費の増大を抑制するという、いかにマイナスを小さくさせるかという面からも重要だ。
 そうしたことを考えれば、単に誰かが一つの事業として取り組むのでなく、これからは社会のしくみとして相談や紹介の「受け皿」を標準装備として用意しておかなければならないはずだ。
皆さん、どう思いますか?

by koike473 | 2007-12-18 02:19 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)