2007年 12月 12日 ( 2 )

 

安全のまち・今泉をめざす大集会

 9日の日曜日は、「安心のまち・今泉をめざす大集会」が吉原二中体育館で開かれた。
 今泉地区生涯学習推進会が主催するもので、今年で28回目になる。
 私は、4回目の参加だ。
f0141310_22413180.jpg

 我が駿河台3丁目は、8:30に公会堂前に集合し、みんなで出発した。
f0141310_22415843.jpg

 600軒を超える大きな町内であり、本部からの参加割り当ては165名だったが、出発時には50人強という少し寂しい中でのスタートだった。
f0141310_22421081.jpg

 小学校1年生を先頭に、私もその横について歩いたが、1年生のくせに歩くのが速い。駿河台は今泉小学校から遠く、毎日6:40頃には出かけるため、下級生ほど、遅れては困ると思い、早足になるようだ。
 「お~い、おじさん付いてけないから、もう少しゆっくり行くか?」と言うと、得意になってまたスピードをあげるところがかわいらしい。
f0141310_22422398.jpg

 9:30から開会したが、体育館は、今泉全町内から集まった1,300人でいっぱいだ。
 個別に自宅から歩いてきた人もいて、駿河台3丁目の列は、ずいぶん後ろまで伸びた。100人くらいは来ていただけたろうか?
 以前参加したときは、とにかく寒くてたまらなかったが、今年は暖かく助かった。

 様々な安全・安心に関する啓発活動が行われたが、一番「気をつけなきゃ」と思ったのが自転車の乗り方だ。
f0141310_22424147.jpg
f0141310_22424911.jpg

 体育館のフロアにコーンを並べ、その間を2人乗り、傘をさして、携帯電話・携帯メールをしながらなど、わざと危険な状態で小中学生、大人に運転してもらった。
 1,300人に注目され、緊張していることもあるが、普通には通り抜けられるのに、「何かをしながら」運転は、すぐにコーンにかかってしまう。
 やはり危ない!

 街頭指導に出ると、富士東高の生徒の中にも、携帯電話をしながらはいないが、イヤホンをつけて音楽を聞きながら自転車に乗っている生徒を見かける。
 先日も、東京で地下鉄のホームでイヤホンをした学生が電車と接触し、死亡した事故があった。
 安全に走行できる道路環境整備も必要だが、運転側のマナー遵守も重要だ。子ども達には、何度でも、わかるように大人が伝えるしかない!?
f0141310_22433100.jpg

この日は、新車になった消防団第5分団の新型消防車も勇姿を現した。

by koike473 | 2007-12-12 22:44 | 今泉 | Trackback | Comments(0)  

富士山観光交流ビューロー設立準備ワーキング

 今日は、「富士山観光交流ビューロー設立準備ワーキンググループ検討会」があった。書いていても長い名前だ。
f0141310_010207.jpg

 来年4月の「富士山観光交流ビューロー」設立を目指し、その具体的な組織や動き方を検討する会議だ。

 メンバーは、総数で70名以上になる。
 「宣伝営業・情報」、「企画・人材育成」、「コンベンション」の3部会に分かれての検討だ。
 私は、NPO法人ふじ環境倶楽部理事の立場で「企画・人材育成」部会への参加だ。
f0141310_0114460.jpg

 しかし、昨年まで前職で事務局の手伝いをしていた関係で、今日は、昨年講師として招いた「仙台観光コンベンション協会」の取り組みを説明した。
 仙台の取り組みは、「チャレンジミーティング」という、異業種交流検討会に基づき新しい観光ルートや商品を開発し、売り出していこうとするしくみだ。

 今日初めて参加した方も多かったので、「ロールプレイング」というやり方で説明した。
 「ロールプレイング」とは、「その立場になってもらい演技を行いながら、その立場の人の気持ちや、組織・しくみを理解する手法」とでも訳せるだろうか。
 簡単に言えば、仙台でやっていることを、メンバーの皆さんに、劇仕立てで演じてもらう。それを見たり、演じながら、仙台のしくみを把握してもらおうというものだ。
 ただし、何の練習もしていないので、皆さんにはそれぞれが立つ立場の役職名を書いたプレートを首からかけてもらい、私が誘導しながら役割を演じていただいた。
f0141310_0123285.jpg
f0141310_0124974.jpg
f0141310_0131596.jpg
f0141310_0133319.jpg
f0141310_0134813.jpg

 私自身も初めてのロールプレイングだったが、思いのほかうまくいった(ように思うのは自分だけ?)。
 皆さんから、「チャレンジミーティング」そのものについての質問はなかったから、大方理解いただけただろう。

 その後、1時間ほど、熱心な意見交換が続き、「富士版チャレンジミーティング」の骨格や課題が整理された。
f0141310_0143327.jpg


 おそらく、今日のワーキング検討会に集まった方々が、設立当初の主要会員になるはずだ。 
 そして、自分の専門性や能力などを活かし、観光交流という切り口から、ビジネスとしての参入を考えているはずだ。
 そうでなければ自主的、自立的な活動につながっていかない。
 そうした意味からは、3つのグループとも、かなり熱心かつシビアな議論がなされたようだ。
 1月に次回のワーキングだ。
 それを持って、あとは事務局で検討し、準備委員会(=ビューローの「役員会」のような位置付けか)に図り、4月からスタートだ。

by koike473 | 2007-12-12 00:21 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(0)