2007年 11月 28日 ( 2 )

 

掛川市へのヒアリング

 昨日(27日)は、掛川市にヒアリングに出かけた。
 現在開催中の11月議会で「合併浄化槽の設置促進と保守点検検査の徹底について」をテーマに一般質問する(おそらく12月5日)。
 これに関し、掛川市ではちょっと変わった取り組みをしているので、それについて勉強させてもらいに伺った。
 たまたま、前職の時に大須賀町(現在は合併し掛川市)の仕事をした際、担当だった方が下水整備課の係長をされているので、そんな縁でお願いした次第だ。
 
f0141310_22314268.jpg

掛川市の下水整備課が入っている建物「水質保全パビリオン」
f0141310_2232315.jpg

正面の2人が教えていただいた掛川市の方。富士市からは、私の他に、下水道部の職員4人が伺った。2日前に、「今度掛川市にヒアリングに行きますよ」と伝えたら、「せっかくだから市でも行きたいが」という話になった。「議会で質問する側と答える側が、同じ相手から勉強するじゃなあー」とも思ったが、「それで富士市が良くなればいいか」。でも、市の職員の方の考え方もわかりこれも勉強になった。

 ヒアリングの内容は、一般質問の後、整理して報告するので、今日は掛川市役所までの往復について書きたいと思う。


 これまで仕事(前職)や視察(議会)で掛川までは何度も行ったが、いつも東名や新幹線で出かけていた。
 しかし今回は自分一人の調査なのでなるべく安く上げようと考え、東海道線の鈍行で行った。(よく話題に上がる「政務調査費」は、会派単位で使うので、個人の調査研究には使えないらしい)
f0141310_22335478.jpg

 東名や新幹線は、ともに往復7,000~8,000円だ。
 それに引き換え、東海道線の鈍行は往復2,900円。時間はかかるが、車内でゆっくり本や報告書を読んで行ける。
f0141310_22292666.jpg

 そして掛川駅から市役所までは、「市街地循環バス」に乗った。富士市で言えば「ひまわりバス」と同じ100円バスで、掛川駅を起点に南回り、北回りの2路線が走っている。
 それぞれ45分間隔で走っていて、なかなか利用勝手がよかった。
 その上、運転手さんがとても愛嬌のある人だった。
 宝くじのポスターが目に付くと「年末ジャンボ発売だねー。買わなきゃ当たんないよねー」。ちり紙交換の軽トラとすれ違うと「最近珍しいねー。ちゃんと儲かっているだかねー」とマイクを通じて車内に話しかけてくれ、「スローライフ掛川」そのものだった。
 富士市の場合、時刻表を見ると、「ひまわりバス富士駅循環」は、右回りが30分間隔、左回りが45分間隔だが、始発が8:30で、最終便は16:30発だ。買い物や病院に行く高齢者がターゲットか?
 掛川は始発が6:40で、最終便は20:00発だ。こちらは電車に乗り継ぐ通勤客がターゲットだろう。
f0141310_22295930.jpg

定員15名に対し、一番混んでいる区間では12人乗っていた。(12:15掛川駅発の便)


 自宅を10:00に出て昼食を掛川市役所の食堂で食べ、13:00~15:00までヒアリング、17:30には自宅に着いた。
 交通費(自宅から吉原駅間のマイカー除く)計3,100円の充実したヒアリングだった。

by koike473 | 2007-11-28 22:42 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(0)  

田宿川 今年最後の川そうじとバーベキュー

 25日の晩から始まった胸の痛みは、今朝(27日)には随分良くなり、今(27日夜)はほとんど解消した。
 何が原因なのか?よくわかならい。
 今日(27日)は、掛川市に合併浄化槽の件でヒアリングに出かけた。
 この件は明日にして、今日は25日の朝から昼間の報告。

 25日は、今年最後の田宿川の川そうじの日だった。
f0141310_0142392.jpg

 朝、7時から湧き水が流れる田宿川に入り、水草を刈った。既に外気温より水温(14~15℃)の方が高く、夏にはつけていられなかった流れの中に手を入れると温かく感じるほどだった。
 そうじの後、ここ数年、ふじ環境倶楽部でこの日に行っているバーベキューを、今泉公民館の南側に位置する通称「井出緑地」で行った。
 今年は大がかりなバーベキューになった。
f0141310_0145058.jpg

 9月に実施した「田宿川・滝川水辺交流」の来年度企画を、このバーベキューに併せて考えようと、ふじ環境倶楽部、元吉原、ボーイスカウト、そして地元・今泉の「わき水田宿川委員会」の皆さんに声かけし、総勢30人以上に参加いただいた。
 メニューは、事前に相談し、ボーイスカウト団長の高村さんが豪快なアウトドア料理を組み立ててくれた。
f0141310_0152877.jpg

 ダッチオーブンを計8基も使った本格的なバーベキューだ。
f0141310_0163018.jpg

ボーイスカウトの高村さん。全てが手早く、見ていてほれぼれする。
f0141310_0315428.jpg

f0141310_0184911.jpg

 中でも、牛肉の塊を焚き火の遠火で時間をかけて焼き、ナイフで削ぎながら食べる「シートンロースター」は最高だった。
 火が直接当たらないよう風上に肉をつるし、むらなく熱が当たるよう、ロープを使ったり、対流受けの即席のプロペラを付けたりした。
 1時間ほどすると、いい色に変わり、試食した。たまらない!
 まだ開会式前だというのに、みんなでビールを片手に飲み始めた。
 肉が熱いのできれいな軍手で肉を押さえながらナイフで切ったが、肉汁が浸み込んだ軍手の先をしゃぶるとこれがまた最高だ。みんなからは「チューチュー軍手」と言って嫌われたが。
f0141310_0165743.jpg
f0141310_0172173.jpg
f0141310_0173366.jpg

ダッチオーブンタワー。この3基に鳥のまるごとが入れられた。
f0141310_0174470.jpg
f0141310_0181213.jpg

井出緑地西側の荒川製麺社長の荒川さん。やきそばを何十も差し入れしてくれ、更に自ら調理。ありがとうございました。
f0141310_0182192.jpg

この日の最大(?)の発見。「焼きそばラーメン!」。太い麺がサッポロラーメンのようだが、うまい!富士市の名物めざして研究することとなった?
f0141310_0183465.jpg

 最後には、今回のバーベキューの大きな目的である、次回の水辺企画の骨格が固まった。
 次回は来年3月だ。早咲きのサクラが咲く浮島工業団地のあたりの沼川をメイン会場に行う。
 今泉、元吉原、原田の子供たちや多くの方々が早春の水辺を楽しむことができる企画を、みなさんと練り上げたい。

by koike473 | 2007-11-28 00:33 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)