2007年 11月 17日 ( 1 )

 

津田・荒田島地区まちづくり井戸端会議

 昨日の晩は、私の後援会が主催する「津田・荒田島地区 第1回まちづくり井戸端会議」があった。
 津田・荒田島地区は、吉原地区の南側にあり、私が生まれ、36歳まで住んでいた地区だ。
 市議会議員になる前から、「津田・荒田島地区のこれからを皆さんといっしょに考え、取り組んでいきたい」と話してきた。
 子供の頃からいっしょに遊び、育った地区の同級生が中心になり、近所の皆さんに声をかけたり、当日もいろいろな役をやってくれた。
f0141310_0461162.jpg

f0141310_0483912.jpg

 井戸端会議の進め方は、いわゆる「ワークショップ」だ。
 津田、荒田島1丁目、2丁目の町内別に10名位ずつまとまってもらい意見交換を行う。司会者は、それぞれの町内に住んでいる同級生だ。
 意見交換は、
  ・町内の大きな地図を見ながら、一人ひとりが困っていること、改善してほしいことなどを順番に発言してもらう。
  ・司会者は、その場所を地図に書き込んだり、大きな付箋にメモ書きしていく
  ・最終的に、町内として課題や改善したいことの優先順位をつけてまとめる
という順序で進めた。
f0141310_0532723.jpg

f0141310_0562620.jpg
f0141310_0563430.jpg

 私は、3つの町内の意見交換の様子を少しずつ聞いて回った。

 各町内別に1時間ほど検討してもらった後、再び広間に集まっていただき、全員の前で町内別の意見を発表した。
f0141310_0572222.jpg

f0141310_0473438.jpg
f0141310_0474260.jpg

  ・町名と住居表示の整理が必要(似通った表示、飛び地(伝法、依田原地番)の表示が多く、郵便物、商品配達に支障がある)
  ・水路の改修と溝ふた整備(泥が大量にたまり、草が茂る)
  ・街路樹の適正な管理(木に付いた害虫が農作物に被害、信号が見にくいなど)
  ・小潤井川の安全確保(川の中の洲に大きな木が茂り危険、ゴミが多いなど)
などが、複数の町内から上がった意見だった。

 昨晩は第1回目だったが、地区としての課題は大づかみで把握できたと思う。
f0141310_04872.jpg

 これらは、行政がやらなければできないこともあるし、地元の皆さんで工夫して改善できることもあるだろう。
 市や県に要望すること、地元の皆さんに再度投げかけること等、私の方で一旦整理したら第2回目だ!

 それにしても、夕べの終わった後のみんなで飲んだビールはうまかった。同級生のみんな、お疲れさんでした。

by koike473 | 2007-11-17 00:57 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(2)