2007年 09月 26日 ( 2 )

 

わきみず寺 お月見コンサート

 24日(祝)の晩に、法雲寺(まちの駅「わきみず寺」)の本堂で「お月見コンサート」があった。
f0141310_2293284.jpg

f0141310_2243164.jpg

 檀家の方や、近隣で私の「小池としあき後援会」に加入いただいた方にお声掛けし、約50名の皆さんが集まった。

 コンサートの前に、藤田住職の小説法(?)、そして「小池としあき議会報告会」を30分ほど開催した。
f0141310_226717.jpg

 私も議員になるまでよくわからなかった議会の構成や開催日程のこと、現在富士市で大きな課題になっていること(中央病院のこと、新環境クリーンセンターのこと、公民館が「まちづくりセンター」に変わること)、そして9月議会で私が一般質問する内容などをお話させていただいた。

 皆さんお待ち兼ねのコンサートは、鷹岡で「サウンド オフィス ウスイ」を主宰する臼井さんと、その仲間である静岡市の増田さんの演奏だ。
f0141310_2282130.jpg

 臼井さんは、シンセサイザーを担当する。私の娘達のピアノの先生で、かれこれ10年以上のお付き合いだ。増田さんは、あの東京芸大卒で、バイオリンを担当する。
f0141310_228386.jpg

 「ムーンリバー」、「月の光」、「月光」、「荒城の月」、「雨降りお月さん」、「月の砂漠」などなど、月に関連する曲を、バイオリンとシンセサイザーの生演奏で楽しんでいただいた。この日は、残念ながら曇っていて、月は顔を出してくれなかったが。
 それにしても、3~4mの間近で聴く生演奏の迫力はすばらしい。グイグイと胸に迫ってくるものがある。
 そして最後は、私のテーマ曲である「明日があるさ」で締めくくった。

 三連休の最後の晩で、自宅でゆっくりしていたかった方もいただろうが、きっと皆さん、秋(初秋?)の夜長の2時間を、十分楽しんでいただけたのではないかと自己満足している。
f0141310_2295453.jpg

 「私の講演会+コンサート」の組み合わせは、昨年から2回目だが、これからも毎年の行事として、定期的に開催できればと考えています。ブログをごらんの皆様、来年は是非「わきみず寺」に足をお運びください。

※どういうわけだか、今日で4日間連続「まちの駅」の話題が続いた。皆さんも、お近くの「まちの駅」覗いてみてください!

by koike473 | 2007-09-26 22:14 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

富士市の「まちの駅」が10駅増え、50駅になりました!

 今夜は、「まちの駅」の認定式と駅長会議があった。
f0141310_0292942.jpg

 これまでの40駅に加え、今年度新たに10駅が認定され、「まちの駅」として活動していただくこととなった。
 新しい駅は、医院、NTT、お寺、ラーメン屋、お寺、建設会社など、様々な職種の皆さんだ。
 商工農林部長から市長名の「認定書」が手渡され、どの駅長さんも緊張の中にも、やる気満々の表情が頼もしかった。
f0141310_03046.jpg
f0141310_0301328.jpg

 10月14日のオープンに向け、これから準備が忙しくなる。

 オープンに合わせて、本年度の「まちの駅 クイズ&スタンプラリー」が始まる。
 これまでは、通常のスタンプラリーで、ほとんどのお客さんが、スタンプを押すだけで帰ってしまっていた。そこで、駅長さんたちと話をしたりするきっかけになる「クイズ」を出すことで、コミュニケーションの場、情報提供の場としての「まちの駅」の役割を高めていこうとしている。
 このブログを見た方は、是非、たくさんの皆様に「まちの駅」を訪ねていただくよう、知り合いに広報していただければ幸いです。

 また、「富士市まちの駅ネットワーク」代表の佐野さん(「鷹岡の粉引屋」)からは、全国組織である「まちの駅連絡協議会」から、来年度、富士市で「まちの駅全国大会」を開催いただけないか?と依頼があったことが紹介された。
f0141310_0314477.jpg

 これに関し、満場一致で「是非、富士市に誘致しよう!」と決議された。
 10月6、7日には、東京で今年の「まちの駅全国大会」が開かれる。その場で、「是非、来年は皆さん富士へお越しください!」とアピールしてくることも決まった。
 来年秋に向けて忙しくなりそうだ。
f0141310_032539.jpg

f0141310_0321880.jpg

「『もてなし』と『サービス』 -まちの駅に期待すること-」と題し、富士常葉大の大久保先生による講演会も開かれた。

by koike473 | 2007-09-26 00:40 | まちの駅 | Trackback | Comments(0)