2007年 08月 31日 ( 2 )

 

第二東名自動車道対策特別委員会

 今日は「第二東名自動車道対策特別委員会」があった。私はこの特別委員会のメンバーで初めての出席だ。

 「第二東名」と言うと思い出すことがある。
 地方自治法に、「自治体は、向う10年程度を見越した自治体の長期計画である基本構想(=「総合計画」と呼ばれている)を策定しなければならない」という規定がある。
 私は、昭和63年度に、金谷町(今は島田市に編入合併して存在しない)の総合計画策定を初めて仕事で担当した。
 特に、福祉や教育分野などは、右も左もわからない中で、10年間の長期計画を役場の皆さんに教わりながら、いっしょにとりまとめた。
 ちょうどその前年くらいから、「第二東名」の構想が持ち上がっていた。現東名のICがない金谷町は、「大井川筋の入り口に是非ICを」と活動していて、計画をまとめるころに正式に「第二東名金谷IC」設置の決定があった。
 当時は「20世紀初頭の開通」と言われており、総合計画もいわゆるバラ色の計画となった。(当時、金谷町の人口は21,000人位だったが、10年後には30,000人を目指す「3万人構想」と呼んだ)
 それから19年。「第二東名」は現在急ピッチで工事が進んでいるが、県内の供用開始は平成24年だ。「静岡空港」は、金谷町のすぐ隣りの榛原町に平成21年に完成するが、19年前には「空港」などの話は全くなかった。
 そう考えると、高速道路の建設には長い時間がかかるものだ。

 またまた前置きが長くなったが、今日の特別委員会では、工事の進捗状況について市役所で説明を受けた後、富士市内の現場の状況を視察した。
f0141310_23184381.jpg

岩本山トンネル入り口につながる高架橋・・・「送り出し工法」といい、桁を徐々に手前側に送っており、あと20mで接続する

f0141310_23185418.jpg

潤井川高架橋・・・第二東名全体の中でも最も長いスパン(橋脚間)140m

f0141310_23191499.jpg

富士西公園・・・日照、騒音対策で数十戸が集団移転した土地を活用した公園

f0141310_23192512.jpg

高さ3mの防音壁・・・現東名は、完成後に防音壁(金属や樹脂製)を設置したが、第二東名は、当初から高さ3mの防音壁用の土塀を築いている

f0141310_23193761.jpg

赤渕川高架橋・・・橋脚と桁の間には、硬質のゴムを入れ、地震時の揺れを吸収する免震構造となっている


 ほぼ100%用地買収は終了し、工事も大半が進み、道路の完成形がおおよそ見えつつある。
 用地買収、側道整備、工事に伴う安全・安心対策など、一部を除けば特別委員会の名称に付いている「対策」に関する課題はほぼクリアされている。
 平成24年の開通に向け、これからは、いかにアクセス道路の整備や周辺の土地利用の誘導、それらを生かした産業振興など、「対策」から「活用」に向け、早急に検討していかなければならないと感じた。

by koike473 | 2007-08-31 23:41 | 公共施設マネジメント | Trackback | Comments(0)  

スズキの鈴木修会長

 今日は、スズキ㈱取締役会長である鈴木修氏の講演を聞いた。市の幹部職員を対象にした職員研修会があったからだ。業務終了後、17:45からラホール富士で開かれた。

 私は、自転車で向かい、17:30頃会場に着き、ちょうど駐輪場に入れようとしているところに軽自動車が止まり、中から一目でわかる鈴木会長が降りてきた。すると我が鈴木ひさし市長が車に近づき、「お忙しい中ありがとうございます」と言って出迎えた。さすが浜松を動かす3兆円企業のトップだ。(残念だが、写真を撮り忘れた!)

 市長のあいさつ後早速、「改革の担い手は誰か!」のテーマで講演が始まった。
f0141310_135244.jpg

 「今日は、富士市に来てとても感激しました。新富士駅までお迎えに来ていただいたが、我がスズキ自動車の車でお越しいただいた。地元の浜松市は1台もスズキ車を購入してくれていないのに。この配慮がすばらしい」という話で会場の笑いを誘い、なごやかな雰囲気で始まった。
f0141310_141183.jpg

 しかしその後は、浜松市の行財政改革推進審議会会長として、会場の空気が冷たくなるような話が続いた。
 「これは浜松の話ですよ」と言いつつ、「役所は市民に本当のことがわからないように情報を隠そうとしている」、「調べてみると、よくもこれだけ無駄遣いしてくれているなという事業が多い」、「職員互助会になぜ半分以上補助金を出すのか。民間では考えられない」などなど。富士市の幹部職員も思い当たることがあるのだろうか。会場はシーンとしたままだ。

 私は、市議会議員席として用意された最前列に座った。講演が始まったら、後ろを向いて、幹部職員でほぼ満席の会場全体の写真を撮ろうと思っていたが、とてもそんな雰囲気ではなくなってしまった。
f0141310_1154844.jpg

つい昨日、8月29日にスタートした浜松市第二次行財政改革推進審議会の記事(静岡新聞 8月30日朝刊)

 「日本人全体が、国や県からの補助金ばかりをあてにする『こじき』になってしまっている。最大の『こじき』は国から予算を獲得したことを手柄にする国会議員だ」と容赦ない。
 「苦しい時には、会長、社長、社員全体でやらなければダメ。『俺だけはいいだろう』は通用しない」。社員1万6,000人の大企業のトップならではの経験と自信が言わせるのだろう。
 歯切れのいい話は続くし、説明に使う数字(金額)もスラスラ出てきて、とても昭和5年生まれの77歳とは思えない。

 スズキの創業以来80年の経験を踏まえ、「企業は25~30年周期で業種や経営方法を変えなければ生き残れない」、「業績がいいときほど、危機が潜んでいる」、「3代目が問題だ。楽な生活しかしてこない3代目でつぶれる企業が多い。役所は3代続けて勤務してもつぶれないが」(ここでも、笑いが出ないばかりか、冷たい空気が会場を覆った)

 最後は、「私は、自戒を込めた『有言実行』を旨に生きている」。すごいパワーの人だった。

by koike473 | 2007-08-31 01:21 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)