2007年 08月 21日 ( 2 )

 

静岡県市町議会議員研修会

 今日は、9:00から「建設水道委員会 協議会」を傍聴した。
 4つの常任委員会(総務市民、文教民生、環境経済、建設水道)は、定例会の中で開かれるが、定例会の前に、それぞれの委員会の「協議会」という形で、委員会で審議する事業の進捗状などについて報告や質疑などが行われるようだ。
 今日の建設水道では、もっぱら「DMV」計画の進捗状況に質疑が集中した。本年1月にデモ走行を行ったが、実現までにはまだまだクリアしなければならない問題が山積している、というのが率直な感想だ。

 そしてこの協議会が終了後、早お昼を食べて、11:30にバスで出発し、13:00からグランシップ(静岡市)で開催された「静岡県市町議会 議員研修会」に向かった。
f0141310_23151920.jpg

 県内全42の市町(たぶん来年にはこの数も変わっているだろう)の議員の研修会だ。毎年行われているそうで、今年は「地方分権改革と地方財政の動向」というテーマで、関西学院大学の小西教授の講演を聞いた。
f0141310_23153589.jpg
f0141310_23154341.jpg
f0141310_23155230.jpg

 地方分権改革のメニューには「毒まんじゅう」が多いそうだ。ぱっと見はおいしそうだけど、食べてみるとカラダがしびれ、死んでしまう。「毒に負けない体力があなたの市や町にあるようだったら食べてもいいが・・・」と言っていたが、どうやって毒の強さを見分けたらいいのか?
 それと、地方財政計画では、小泉内閣終了間際の昨年7月7日に、向う5年間は、財政規模を年々縮小することを閣議決定したから、どんなに景気が良くなろうと、国からの交付税、補助金、そして県や市の全体の財政規模は拡大しないとのこと。

 地方の財政状況は厳しくなるばかりだが、いかに「選択と集中」を見極めるかが必要だ。
 またその一方で、地域の声を直接聞いている市や町の議員は、そういった「生の声」をいかに市政に反映させるかも、忘れてはならない重要な仕事だ、と最近ヒシヒシと感じる。

by koike473 | 2007-08-21 23:21 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

議会全員協議会とまちの駅の駅長会議

 今日は午前中「議会全員協議会」があった。「全協(ぜんきょう)」と呼ばれている。
 私は、この「全協」にいい思い出がない。
 公式にはどのような目的で開催する会議か、確認したことはないが、私がコンサルタントに勤務し仕事で関係した中では、当局側は、本会議で議決(賛成)を得る前に、議員全員に「こんなことを考えているがどうでしょうか?」と事前に説明し、ガス抜きをしたり、原案の弱いところや修正箇所を確認するための会議と捉えていた。
 県内のある市で仕事をした時、「全協で専門家(コンサル)として説明してほしい」と言われ、全協室の外廊下で待機していたが、結局部屋の中に入れなかった。と言うのは、「コンサルに説明させるとは何事だ。担当課の職員がそんなだから行政はダメなんだ」と議員側から担当課長が責められ、結局1日つぶしたことがあったからだ。

 今日の全協は、「来年度の行政組織改正案」が大きなテーマ。質問が多数出て、予定した午前中では終わらず、14:30頃までかかった。
 内容は重要なことばかりだが、これは9月議会でも大きなテーマになるので、またその時に!

 そして夜は、「まちの駅」の「新駅駅長会議」。
f0141310_0372111.jpg

 今年新しくまちの駅として選ばれた10駅の駅長さん達が初めて顔を合わせた。病院、レストラン、建設会社などの新しい業種や、お寺、酒屋、整体院など、特徴のある新駅が増えることとなった。
f0141310_0373586.jpg
f0141310_0374325.jpg

「富士市まちの駅ネットワーク」の佐野代表(左:まちの駅「鷹岡の粉引き屋」駅長)と渡辺代表(右:まちの駅「憩いの茶の間」駅長)・・・このお二人の人柄と行動力が、富士市のまちの駅を引っ張っている。

 10月14日(日)の開駅を目指し、これから準備が忙しくなる。
 これで富士市のまちの駅は、計50駅。始まって4年目だが、まだまだ市民の方でも「まちの駅」を知らない人が多い。まずは是非、ご近所の「まちの駅」に出かけてみてほしい。きっと駅長さんに温かく迎え入れてもらえます。
f0141310_0322616.jpg

全国的にも注目されている静岡県のまちの駅。富士と焼津がトップランナーです。10月6、7日には、東京で「第10回 まちの駅全国大会」が開かれる。そのうち富士市でも開催を!

 昼の全協と、夜のまちの駅の会議に出て、共通して感じたことがある。
 どんな会議や打合せでも、たたき台になる資料・・・と言うより「文字」や「絵」がないと議論がかみ合わない。
 新しく作ろうとする課の具体的な仕事は?まちの駅のオープニングイベントの案は?
 その場にいる複数の人間が、同じレベルで検討を始められる「共通の土俵となるたたき台」が必ず必要だ。

by koike473 | 2007-08-21 00:24 | まちの駅 | Trackback | Comments(0)