「磯料理 しばた」 お薦めの店です!

 今日は、私の高校のハンドボール部の先輩が開店した「磯料理 しばた」の開店報告。
f0141310_23302872.jpg

f0141310_2330499.jpg

 23日(日)に、松岡に「磯料理 しばた」がオープンした。
 私の6年先輩の柴田さんが店主の店だ。

 この柴田先輩は、とてもユニークな先輩だ。
 高校時代から(と言っても、私は直接ダブっていなかったので、ご本人や先輩方から伺った話だが)、「俺は将来、料理人になる」と心に決めていたそうだ。
 ハンドボール部を3年の6月で引退した後、他の同級生が受験勉強に突き進む高校3年の9月、自宅の岩松を離れ、富士宮にある寿司屋に下宿(と言うより、丁稚入り?)し、卒業までそこから学校に通ったそうだ。
 高校卒業後も修業を続け、更に30代から滋賀県の割烹旅館で改めて修業し、そこで板前のトップを務め、10数年前に富士市に戻り、小さな自分の店「しばた」を開いた。

 私も、会社帰りによく寄らせていただいた。
 とにかく、「えっ、どうしてこんな味が出るのか!」と、およそ店構え(そして、あの柴田先輩の風貌)からは想像もできない、うまい料理を手早く作ってくれた。
 しかし、時々、朝店に寄ると、「夕べはそのまま店に泊まっちゃったよ」と言いながら、仕込みをしていることがあった。
 ゴマをすったり、豆をおろしたり、全て手づくりで仕込んでいたから、あの味が出ていたのだろう。

 その後、富士の法務局の東側に、兄弟で「花ぜん」をオープンした。
 この店も、いつも混んでいる。
 決して安くはないが、味と言い、ボリュームと言い、店の雰囲気と言い、充分満足する。

 一度、私の家の庭で、柴田さんが材料を持ち込んでバーベキューをやってくれたことがあった。
 エビ、カニ、さまざまな魚を炭火で焼いてくれた。私の家にある毎日使っている調味料を使って味付けするのだが、これまで食べたことがない焼き物が出来上がる。
 子供達は、その味が忘れられず、「また柴田さんに来てもらおう」、「今度、誕生日には柴田さんの店に連れてって」といつも言っていた。

 そして今度、自宅の近くでと言うことで、先輩が兄弟店「しばた」を出した。
f0141310_2331334.jpg

f0141310_23355443.jpg

 私は、オープン2日目のお昼に伺ったが、店の外側も中も「祝開店」の花で一杯だ。

 昼は定食メニューだ。
f0141310_23321251.jpg
f0141310_23321927.jpg

 「天ぷら定食」を頼んだが、天ぷらは「アツアツ、サクサク」でジューシーだ。
f0141310_2336926.jpg

 エノキと青菜のゴマミソ和えは、いつもいただく十八番だ。
f0141310_23363020.jpg
f0141310_23363891.jpg

 この日も、昼時だが、多くのお客さんがひっきりなしに訪れていた。下駄箱の前にもお祝いの花が一杯で、皆さんの靴が上がり口にたくさん並んでいた。
f0141310_2337017.jpg

 これから忘年会、クリスマス、新年会と続くが、きっと満足します。
 是非一度、「磯料理 しばた」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

by koike473 | 2008-11-26 23:38 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/9761927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆみ at 2008-12-01 18:51 x
そんな素敵なお店なら、新年会でも企画してほしいな…
お忙しそうだから、無理かしら?
Commented by koike473 at 2008-12-01 23:58
新年会、いいよね!
みんなで集まって、吉原からタクシーで行こうか?
きっと満足すると思います。

お楽しみに!

<< 駿河台3丁目町内文化祭と公会堂 「そうだ!沼川プロジェクト」 ... >>