市役所でパスポートを取れるようになりました!

 何とか(?)一般質問を終えました。
 「第五次総合計画の策定と進行管理について」という、大きなテーマの質問です。
 自分でも、結構勉強し臨んだつもりでしたが、なかなか議論がかみ合わず、満足する答弁を得られませんでした。
 1時間の持ち時間を、59分58秒使い、全力は出し切ったつもりですが・・・。
 あと一般質問は2日間。他の議員の質問をしっかり勉強しようと思います。

 で、今日は、「パスポート」の話。
 10月21日から5日間、中国の嘉興市(せっこう省)に友好都市訪問に出かける。
 新人議員等により、「一層の友好交流の推進とあわせて、嘉興市の都市政策、産業経済及び教育文化等の現状を調査し、今後の議会活動に資するため」の訪問だ。

 そのためにパスポートを新たにとった。
f0141310_23381182.jpg

 以前のものは、平成2年に取得したものだ。子どもが3人生まれ、「子ども達と出かけることもあるだろう」と、3人の子どもと一緒に取得している。その有効期限は平成7年で切れている。
 最後に外国に行ったのは、平成3年の香港だ。
 もう15年、日本から出ていない計算だ。
f0141310_23384473.jpg
f0141310_23391042.jpg

市役所2階 市民課のパスポート窓口


 実はこのパスポート、今年の9月から市役所で取得手続きができるようになった。
 私が初めてパスポートをとったのが、昭和60年。新婚旅行に出かける前だ。
 この時、直前までは県庁(静岡市)に行かなければ手続きできなかったのが、県内各地の振興センター(総合庁舎)でとれるようになり、ずいぶん便利になったものだと言われていた。
 それから20数年、今度は各市町でとれるようになったということだ。
 やはり、国外が身近になったということだろう。(静岡空港は3月の開港予定だが、近頃、県の幹部の話の中で、何だか場合によっては???のような話もあるが?)

 しかし、市役所で即日交付されるわけではない。
f0141310_2340357.jpg

申請日にもらった受領証

 中10日(?)位かかるので、余裕をもっての手続きをお薦めします。
f0141310_23403494.jpg

旧(左)と新(右)のパスポート

 それと、新しいパスポートの交付を受けて驚いた。
 偽造防止のため、パスポートの中(紙の中)に、「ICチップ」が入っているそうだ。
 「ICチップ」には、顔写真やパスポート番号が入ったページのデータが入っており、「ICチップ」のページを読み取り機械にかざすと、データが映し出され、確実に本人確認ができるようなしくみになっている。
f0141310_23405638.jpg

2つのパスポートの写真を比べると、「自分もずいぶん古びたな」と改めて思った。

by koike473 | 2008-09-30 23:45 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/9229897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 水郷のまち 近江八幡市の風景づくり エントツがない製紙会社 紺屋製... >>