夏の終わりの我が家の畑

 9月になっても、昼間の暑さは変わらない。しかし、朝晩はずいぶん涼しくなった。
 ろくに手入れもしない我が家の畑も、知らぬ間に大きな変化が起きていた。

 1つは「キュウリ」だ。
 今日の3本の収穫でとうとう終了のようだ。
f0141310_23401940.jpg

 この2ヶ月ほど、毎週7~8本のキュウリを収穫した。
 3本の苗を植えたが、どれも順調に伸び、次々と花を咲かせては、実がふくらんだ。
 妻と2人だけでは食べきれず、一人暮らしの母やお隣さんにもおすそ分けした。
 それでも食べきれず、逆に近所のお宅からいただくこともあった。(今年はキュウリの当たり年か?)
 そんな中、簡単にできて、飽きが来ないキュウリの料理方法をインターネットで探した。
  ①まず、キュウリは薄い輪切りにする
  ②タマネギを薄切りにし、水にさらす
  ③ワカメを3~4cmに切る
  ④①、②、③をボウルに入れ、削り節、味噌、しょうゆ、酢であえる
たったこれだけだ。
 削り節と味噌の相性がよく、①、②、③がとても引き立つ。どの材料、調味料も量は適宜、自分で味を見ながら調節すればよい。
 自分でも3回つくり、妻も何度かつくった。
 まだ、家庭菜園でキュウリが獲れる方がいたら、是非お試しください。
f0141310_23404040.jpg

 葉っぱは枯れ始めたが、充分元が取れた(ような気がする?)今年のキュウリのつるに、「お疲れ様でした」とお礼を言わなければならない。


 もう1つは「ゴーヤ」だ。
 こちらは、キュウリより遅れて採れ始め、これからが盛りだ。
f0141310_23413711.jpg

f0141310_23421728.jpg

 と思ってよく見ると、少し離れた「サルスベリ」の枝の中に、オレンジ色の物体が見える。
f0141310_23422856.jpg

 熟し切ったゴーヤの実だった。
 こうやって見ると、確かに「南国の色」という感じだ。そして甘い味がしそうだ。
 緑色の若い実だから苦いのでは?と思ってしまう。
f0141310_23424893.jpg

 ゴーヤは、まだまだ黄色い花を次々に咲かせている。
 花自体は、どちらかと言えばキュウリより涼しげな感じだ。全国各地で、建物の脇にゴーヤのつるを這わせ、「緑のカーテン」によって日光を遮ろうとするのもうなずける。

 そろそろ、ゴーヤの簡単調理法を探さなくては!

by koike473 | 2008-09-02 23:46 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(3)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/8970209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆみ at 2008-09-03 22:33 x
きゅうりは、父がせっせとぬか漬けにして、親戚に配ってました。
あっ、父が作ったきゅうりじゃなくて、父の友達が作ったものです。

ゴーヤは、頂くのだけど、父が嫌いで……

スライスして干して、ゴーヤ茶にでもしようかと思っています。

これからたくさんとれそうなので。
Commented by koike473 at 2008-09-04 00:07
お父さん、とてもまめですね。
毎日、ぬか床をかき回さなければならないのだから。
自分じゃあ、とてもできそうにありません。

ゴーヤ茶?スライスして干して、そのままお湯を入れればいいのかな?
それなら私にもできそうですが?
Commented by ゆみ at 2008-09-04 00:40 x
ゴーヤ茶は、お湯を入れてしばらくおいて飲めばいいと思いますよ

以前、娘が買ってくれたお茶は、そうやっていれましたよ。

<< 暑い中での防災訓練 少し時期的に遅いのですが、地域... >>