ロゼのトレインフェスタ

 15日(金)は、「戦没者追悼式」に併せ、「ロゼ・トレインファスタ」を見学した。
 今年で4回目だそうだ。
 「ガレリア」と呼ばれる1階のエントランスロビーの部分を使い、さまざまなゲージモデルが展示、というより動いている。
 昨年も見学したが、今年はずいぶん凝っている。
f0141310_23493199.jpg

 5月に風邪をひいた時、大変お世話になった土屋医院の土屋先生が、「まちの駅 昭和の養生所物語」で出展されていた。
f0141310_23495466.jpg
f0141310_2350114.jpg

 「ライブスチーム」。文字通り「本当に蒸気をはいて動くモデル」。
 石炭ではなく、タンクに水を入れ、線路を通じて電気で熱を伝え、その熱で蒸気を発生させ走るそうだ。
f0141310_23503028.jpg

タンクに水を入れているところ。
f0141310_23505696.jpg

ここから煙を吐くそうです。
f0141310_2351157.jpg

映画で見たようなターンテーブル(?)と操車場(?)
f0141310_23512939.jpg

「まちの駅」の硬券切符も売っています。

時間がなくて、ライブスチームが動くところは見れず、残念。次回のお楽しみだ。
f0141310_23515057.jpg

モデルの先頭にミニカメラを装着し、その映像をテレビ画面で写している。「鳥の目」(実際には模型を自分の目で)と「列車からの目」(ミニカメラからの映像)で、風景を立体的に楽しめる工夫がされている。
f0141310_2352365.jpg

翌16日に車でロゼの前を通ると、建物西側の壁泉前の広場では、こんなに大きな新幹線モデルが動いていました。

 来年は、どこまでパワーアップするか楽しみだ。

by koike473 | 2008-08-18 23:53 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/8867626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 高校の同窓会 平成20年度富士市戦没者追悼式 >>