4日早朝の大雨による被害は甚大!

 先週金曜日(4日)明け方の大雨は、市内に大きな被害をもたらした。
 市からの正式な連絡はないが、新聞報道では床上浸水が計29戸、床下浸水が202戸とされている。
 私が住む今泉駿河台3丁目でも床上浸水が1戸あり、東名高速をはさんで隣接する青葉台地区の東名側道沿いで10戸ほどが床上浸水した。
 青葉台、今泉の両地区は、同じ流域に含まれるエリアも多く、青葉台の被害にあった10軒は、私の自宅から数百mにあり、5日の朝から被害状況を確認に出かけた。

 とにかく「どうしてこんなに被害が!」と絶句した。
f0141310_2355729.jpg
f0141310_23553725.jpg
f0141310_2356173.jpg

f0141310_23564690.jpg

サッシの戸の窓ガラスに水位上昇の跡が!ここは床上浸水1m以上。

f0141310_2357529.jpg
f0141310_23572114.jpg

水没した書類を乾かしている。

 当時の様子を聞くと、「雨が強くなってきたので、犬を家の中に入れようと外に出たら、急に水かさが増してきた」、「車を移動させようとしたが、みるみる水位が上がり、水圧でドアが開かなくなった」、「タタミを上げる間もなく、あっという間に床上30cmまで水が来た」など。
f0141310_23575823.jpg
f0141310_23582228.jpg

干してあるタタミのずいぶん上まで水が来た跡が!(WL)
f0141310_23583595.jpg

防音壁が溜まった水の水圧で曲がり、その間から東名道路側に水が落ちたため、多少は排水された。

 東名の北側側道沿いは、
  ・東名に架かる道路橋の間に低地が多い
  ・この低地部から東名の下を横断して下流(今泉地区)に流す水路の容量が小さい?
  ・この20~30年ほど、上流部(富士山麓)が開発されたため、水の出方が速くなっている
  ・更に東名の防音壁設置により、これまで東名の高速道路法面に流れていた水が流れないばかりか、防音壁が堰となり、低地にみるみる水が溜まる

 地形的に谷部になっていることに加え、東名高速道(防音壁含む)によって流れが止められてしまっている。
 皮肉なことに、このエリア一帯が「調整池」になってしまっている。

 被害にあわれたお宅は、大半の家財道具が水浸しだ。まだ梅雨が続く中、片付けは容易ではない。
f0141310_2359785.jpg

家族の写真集までもが・・・。

 同じ流域の議員として、早急に対策を関係機関に相談しなくては。

by koike473 | 2008-07-07 00:18 | 防災 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/8561496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆみ at 2008-07-08 16:57 x
お疲れさまです。

あの大雨の時、父が『小池君の家の方は大丈夫か?』と心配していました。


市内では高台の方にあるのに、何言ってるんだろう?と思っていたのだけど、そういう訳だったのですね!

伝法沢の方を通ったら、大雨の爪痕を見て、被害が大きかったんだなぁと思いした。

全国ニュースでもやってましたよね。

被害に遇われたお宅が早く復旧できる事をお祈りします。
Commented by koike473 at 2008-07-09 00:00
ゆみさん、ありがとうございます。

被害にあわれたお宅では、まだまだ片付けに何日もかかりそうです。
と言うより、かなり家本体をリフォームしなければ住めそうにありません。
また、リフォームが終わっても、地域の根本的な排水対策を進めなくては安全は確保されません。

生活する上で「安全・安心の確保」が、まちづくりの基本であることを、改めて感じています。

<< 「富士市STOP温暖化地域協議... 6月議会一般質問の報告 その2 >>