梅雨時に思うこと。

 今日は、朝から雨が降りそうな天気で、市役所の駐車場は大変混んでいた。
f0141310_23542547.jpg
f0141310_23543436.jpg

 写真は、同じような天気だった先週の金曜日(6月20日)の市役所駐車場の写真だ。
f0141310_23545646.jpg

 逆に、いつもは満杯の駐輪場がスカスカだった。
 雨の日は特に混み合うが、富士市民はどこに行くにも車だ。
 こう言う自分もつい先日までそうだった。

 最近「タバコが1箱1,000円になったら禁煙できるよ」という話をよく聞く。
 ガソリンもどんどん値上がりしている。
 タバコと同じような比率で上がったとしたら、「1リッター500円」というところか。
 そうしたら、みんな車に乗るのを躊躇するだろうし、その前に暴動が起こりそうだ。
 しかし、あえて税金をかけて値上げし、その税金を環境対策や新エネルギー開発に使うとともに、一方で値上げにより無駄な自動車利用にブレーキをかけようというのが「環境税(炭素税)」の考え方だ。
f0141310_23551484.jpg
f0141310_23552261.jpg

 梅雨時の駐車場は特別だが、毎日毎日、「自動車の波」を見ていると、環境税導入も本気で考えなければと思う。
 そうなったら、道路整備の一環として、自転車道、歩道の整備にも「環境税」を財源に使えるようにしなければ意味がないなと、自転車に乗りながら思うこのごろだ。
(ちなみに、今日は天気予報で「降水確率80%」を見て車で出かけたが、結局雨は降らず、心苦しかった。と言うことは、自転車が随分身に付いてきたということか?)

by koike473 | 2008-06-26 23:56 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/8481860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月議会一般質問の報告 その1 TMO吉原 再開発研究会が始ま... >>