救急車が来る前に・・・普通救命講習会参加

 昨日(8日)は、消防庁舎で「普通救命講習会」(心肺蘇生法の講習会)に参加した。
 この講習は、昨年9月の新人議員研修会「チャレンジ改革7」の第1回目研修会で行ったが、私は別件で不参加だった。
 また、他の先輩議員は、以前、皆さん受講しており、議員の中では私だけが未受講だった。
 そんなことで、月に2回ずつ開かれている講習会に参加した。
f0141310_0212633.jpg

講師の消防職員の皆さん


 最近「AED」(自動体外式除細動器)の市内各所への配置や、それによって救命できたニュースなどをよく耳にする。
 そのため、AEDの使用法が中心の講習会だとばかり思っていたが、心肺蘇生にあたっては、「胸骨圧迫」(心臓マッサージ)が第一だそうだ。この胸骨圧迫をしっかり行うだけでも、かなり救命率が向上するとのことだ。
f0141310_0233746.jpg

 まず最初に、講師の消防署職員が一連の流れを実演したが、何だか結構簡単そうに見えた。
 倒れている人の反応確認→周りの人を呼び119番通報、AED確保依頼→気道確保→呼吸無しの確認→人工呼吸2回→(胸骨圧迫30回+人工呼吸2回)の繰り返し→AED使用の順だ。
f0141310_0242182.jpg

f0141310_024517.jpg

f0141310_024334.jpg

 しかし、実際に2人一組や、人形を相手にやってみると、なかなかうまくいかない。
 声を出して指差し確認したり、大げさな身振りで何度も繰り返し行ったが、急に本番に出くわしたらできるだろうか?
f0141310_0245470.jpg

 しっかりと3時間体験し、一応「講習修了証」をいただいた。でも修了証の裏にも書いてあるが、本当は、定期的に講習を受けなければダメだなと思う。

 突然の心肺停止は、80%が自宅で発生しているそうだ。
 自分の家族が倒れた時、救急車が来るまでの数分が、生死を分ける。AEDを使わなくても、(胸骨圧迫30回+人工呼吸2回)を続ければ、救命率は30%アップするそうだ。
f0141310_0251249.jpg

 まだ、救急蘇生法の講習を受けていない方、是非、この講習を受けることをお勧めします。
 毎月第2火曜日は13:30~16:30、第4火曜日が18:00~21:00で、どちらも無料です。申し込みは消防本部警防課(55-2856)です。
 消防職員の皆さんが、わかりやすく教えてくれますよ。

by koike473 | 2008-01-10 00:27 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/7238225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「富士市まちの駅ネットワーク」... 一万歩 岩松 治水の歴史コース >>