富士市の紙文化 紙バンド工芸!

 昨日(1日)は、新富士駅ステーションプラザで行われた「紙バンド教室」に参加した。
f0141310_22275569.jpg
f0141310_22122164.jpg
f0141310_22123457.jpg

 参加と言ってもお客さんや生徒ではなく、スタッフとしてだ。
 この紙バンド教室は、依田橋にある植田産業㈱さんが主催している。
 植田産業さんでは、自社製品である紙バンドを使い、置き物やバッグ、工芸作品などを、社員の皆さんが仕事の合い間(昼休みなど)に作り出している。
 今では、その愛好者が市内を始め全国に増え、ここ数年は毎年新富士駅で「紙バンド工芸全国大会」を開催するほどになっている。
 私が所属するNPO法人ふじ環境倶楽部は、地場産業製品である再生紙を使った紙バンドが、富士市発の紙文化としてふさわしいし、それが大きく広がることを期待し、数年前から紙バンド教室や紙バンド全国大会のお手伝いをしている。
 倶楽部の中でも、紙バンドに興味があるメンバーは「紙バンドえーど隊」と名乗り、自分自身も紙バンド工芸でいろいろ制作できるメンバーが大半だ。
 私は、生来の不器用さもあり、いつまでたってもなかなか覚えられない。でも何だか当初から参加している。
f0141310_2228183.jpg

 昨日は、我々エード隊の役割は受付だけだった。つくり方は、植田産業さんの従業員の皆さんが講師になり、わかりやすく教えてくれる。
f0141310_22131090.jpg
f0141310_22131772.jpg

 9:00からの受付だが、9:00前に70名以上が並んだ。中には、毎回顔を見せる方も何人かいる。
f0141310_22133237.jpg

 9:00から10:00位までは、目が回るほどの忙しさだった。

 この紙バンド工芸は、一時の小さなブームだけでなく、一定層の市民の皆さんにはしっかりと根付いてきているように感じる。
 何とか、富士市発の「紙文化工芸」として広げていきたいものだ。
 それには、まず自分自身がいろいろできるようになり、つくることを楽しいと思わなきゃ!?
f0141310_22134510.jpg

f0141310_22141431.jpg
f0141310_22135535.jpg

会場では、商工会議所が主催する「紙のカタチ展示会」も開かれた。富士ブランドの新商品「cuiorA(キオラ)」を始め、私の同級生の廣川さんが講師を勤めている「パピエ・ロゼ」(紙のバラ)などが展示され、こちらも多くのお客さんでにぎわっていた。

by koike473 | 2007-12-02 22:29 | 歴史・文化・芸術 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/6976652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 冬の防災訓練 今年もあと1ヶ月! >>