東京ベイエリアでの研修

 昨日(11日)から一泊二日で、東京に研修に行ってきた。
 「新たな地域経営に向けて」というテーマの研修で、会派の先輩2人とともに、「3Kトリオ」(?)で参加した。
 この研修は、「自治基本条例」の考え方や、その制定に取り組んだ事例発表などが多く盛り込まれており、期待して出かけた。
 会場は、東京ベイエリアにある「TOC有明」という大きなオフィスビルだ。
f0141310_093999.jpg

奥のツインビルが「TOC有明」

 最寄り駅の「国際展示場前」駅に着くと、「本日は、お帰りの際に混雑が予想されるので、事前にお帰りの切符をお求め下さい」とアナウンスしている。
 後になってわかったが、夕べはすぐ近くの「有明コロシアム」で、ボクシングの内藤×亀田の世界タイトル戦が行われたためだったらしい。
f0141310_095249.jpg

「りんかい線」は、地下深い所を通るため、エスカレーターが「これでもか」と言うほど長い

 1日目の中心は、「自治基本条例のつくり方・活かし方」だった。自治基本条例については、次の11月議会で一般質問を考えており、改めて整理したい。
f0141310_0101127.jpg
f0141310_0102868.jpg

 2日目の今日は、分科会に分かれての参加だ。私は、「議会改革」がテーマの第4分科会に参加した。
 先日、富士市議会でも任意組織の「議会改革検討委員会」が設置され、私もメンバーになり、第1回目の会が開かれたこともあり、他の市の取り組みに注目した。
 中でも興味を引いたのは、四日市市(三重県)議会の取り組みだ。
f0141310_011028.jpg

 特に、以下の3つは富士市でも是非参考にし、研究すべきではと思った。
 1 市議会モニター制度
  ・より市民に開かれた議会を目指し、市民に議会モニターになってもらい、議会を傍聴してもらったり、議会との意見交換会(「シティ・ミーティング」)などを開催し、議会運営に関する意見や提案をもらう

 2 議員政策研究会の設置・開催
  ・市当局は交えず、会派を越えて議員だけで市政を取り巻く様々な課題について自主的に意見交換、情報交換を行う

 3 議員提案による政策条例制定への取り組み
  ・四日市市では、この7年間で議員提案により7つの条例を制定している。それを支えているのが議会事務局であり、また市内にある四日市大学総合政策学部の先生方らしい。しかし、最も重要なのは、「議員がとても良く勉強し、事務局職員を育ててくれている」(議員が事務局をうまく使い条例案を作成する)とのことだった。

 私はまだ議員になって半年にも満たない。議会の細かなしくみもわからないことがある。しかし、一般の市民からすれば、やっぱり議会は「遠い存在」だ。「何をしているのかわからない」、「なんで議会が必要?」と言われることがある。

 議会改革の第一歩は、やはり「議会」を多くの市民の皆さんに知ってもらうことだろう。議員や関係者が「今富士市では何が課題なのか」、そして「議会ではどんな議論をしているのか」を、しっかり、わかりやすく伝えることから始めなければならないのだと思う。
f0141310_0113866.jpg

東京ベイサイドのビル群。あの「お台場」も近い
f0141310_0114918.jpg

沼津のビューオの何倍もあるような建築中のビル。用途は?

by koike473 | 2007-10-13 00:21 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/6560278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ゲートボールのスポーツ祭と富士... 富士川エリアの魅力 >>