歩道の段差と自転車

 9月議会で「自転車の通行環境整備」について質問した。
 この約2ヶ月、なるべく自転車で出かけるようにして感じたことで、実際には質問できなかったが、是非改めたほうが良いのでは?と思ったことがある。
 「車道と歩道の間の段差」のことだ。
 よく言われるのは、歩道を歩く歩行者や車椅子の皆さんが指摘する交差点や横断歩道などの段差だ。「ゆるやかなスロープにし、段差をゼロにすべきだ」、「いや、目が不自由な人にとっては、段差がないとこれまでと違う環境になることがわからず、かえって危ないので、2cmほどつけるべきだ」など、様々な意見がある。
 このような議論の中で、交差点などでの段差は、ほとんどないか、あっても1~2cmで整備されるようになってきた。
f0141310_0473058.jpg

小さな段差で整備された交差点(大月線と弥生線の交差点部分)


 しかし、道路に面した家や商店に出入りするために設けられている「車両乗り入れ部」と呼ばれる部分の段差が、現実には自転車にとって大きな問題であり、私はその段差をできる限りなくすべきだと思う。

 これについては、平成17年に「歩道の一般的構造に関する基準の改正」が行われ、「段差5cmを基本とする」とされた。
 この改正にあたっては、国土交通省が全国から意見募集(パブリックコメント)を行った。意見数は全国で58件と少なかったが、その一覧表を見ると、「自転車に支障があるため、車両乗り入れ部の段差は5cmでなく、もっと低く(1cm、2cm、2~5cmなど様々)すべき」との意見が最も多い。
 しかし国交省では、「歩道を通行する歩行者(特に視覚障害者)が、切り下げ部(スロープ部分)において歩車道境界部を明らかに確認でき、かつ、横断歩道接続部(2cm)との違いを認識できる高さとして5cmが必要」と答えている。
f0141310_0475960.jpg

エンチョー吉原店東側(大月線)


 また、歩行者の安全確保の観点から、歩道は本来歩行者が安全に通行する空間であり、自転車が車道からいきなり(簡単に)歩道に進入してきては危ないので、それを防ぐためにも段差は必要、との意見も聞かれた。

 私は、この様々な意見の中に、自転車が置かれている中途半端な位置付け、危険性が現れていると思う。
 もちろん、道路の幅員に充分ゆとりがないのが現実だ。しかし、自転車は道交法上は、車道を走らなくてはならない。しかしそれでは怖いのでやむなく歩道に上がり、また歩道を歩行者が歩いていれば、車道に下りる。この繰り返しをして自転車を運転しているのも現実だ。
 前進しながら5cmの段差を上るのはとても怖い。
 歩行者の安全確保も必要だが、自転車の安全確保も同じように重要だ。
f0141310_0483772.jpg
f0141310_0484467.jpg

段差がほとんどない歩道(富士本町)


 市長は昨年の議会の答弁で、「自分は、自転車には年に2回しか乗らないが、本当にちょっとした段差でも非常に気になり、神経を使い、怖い」と答えている。
 国が定めた基準なので難しい面もあるが、この段差のことについては、改めて、市長に聞いてみたいと思う。

 皆さんは、どう思いますか?

by koike473 | 2007-10-06 00:54 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/6499143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 高橋名人 at 2008-03-04 15:32 x
アセンブラ読本 for Game ゼロからはじめるゲーム改造 加速器でゲームを加速するダウンロ-ド :http://www.lineagecojp.com/movie/mov0028.zip
Commented by 高橋名人 at 2008-03-04 15:39 x
アセンブラ読本 for Game ゼロからはじめるゲーム改造 加速器でゲームを加速するダウンロ-ド :http://www.lineagecojp.com/movie/mov0028.zip

<< 「まちの駅全国大会」第1日 荒田島のマンション建設問題 >>