富士市にもこんなに遊べる川があるんです!

 昨日(29日)は、「田宿川・滝川水辺交流企画」の本番だった。
 2~3日前の天気予報から「29日は午前中を中心に雨」のマークが出ていた。
 当日の朝、家を出ようとしたら、案の定ポツリと来た。やっぱり俺は雨男だ。
 しかし、「小雨決行」と連絡してあったので、そのまま準備。
 元吉原、今泉とも、スタート地点には、小学生をはじめ、父兄もたくさん集まっていた。
f0141310_21144585.jpg
f0141310_21145751.jpg

 今泉チームは、お昼の「焼きそばパーティー」用に、麺を提供していただいた荒川製麺前を8:20頃スタートした。
 私は、今泉の追跡班だ。サポート役を引き受けてくれた吉原二中の生徒を車に乗せ、岳南鉄道の陸橋に向かった。
f0141310_21152926.jpg
f0141310_21153850.jpg

 ちょうど陸橋の下は、川の中にシートパイル(鋼矢板)を打ち込んであり、「堰」のようになっている。このため、水量が少ないとカヌーやボートが引っかかってしまい、川の中で持ち上げなければならない。中学生はその持ち上げる役目だ。しかし、昨日は水量が思ったより多く、カヌーはサポートなしでもなめらかに堰を越し、ボートもちょっと手を貸すだけで楽に越していった。

 滝川との合流地点では、既に元吉原のカヌーが到着していた。引き潮で大変だったろうにと思っていたら、海からの風(追い風)が強く、スムーズに上がってきたそうだ。
f0141310_21161720.jpg

 9:30から全体の開会式を行い、その後、2班に分かれて「カヌー教室」と「自然観察会」を交互に行った。
f0141310_21163911.jpg
f0141310_2116508.jpg
f0141310_2117667.jpg
f0141310_21172724.jpg

 「カヌー教室」は、ボーイスカウトの高村団長がパドルの操作方法から指導し、その後順々に水面に出て行った。3~4人が乗れるカナディアンカヌーに比べ、1人で乗るカヤックは、バランスを取るのが難しい。それでも子供達は、20分もすると慣れてきて、上手にまっすぐ進めるようになった。
f0141310_21174455.jpg

 父兄の皆さんも何人かはカヌーを楽しんだ。
f0141310_2118115.jpg
f0141310_21181297.jpg
f0141310_21182045.jpg

 「自然観察会」は、元吉原幼稚園園長であり、富士自然観察の会の会長でもある山田高先生が講師だ。
 先生は堤防に生えている植物を引っこ抜いては、「これ何に見える。これはねー、ネズミの尻尾に見えるら?だから・・・」と言いながら、観察用のルーペで子供達に植物を覗かせる。「ウワーッ」とどよめきが上がる。初めて先生に会った子供が、「先生これは?」とどんどんなつき、取り囲むようになる。

 どちらの教室も、もっと長くやりたかったが、雨を気にしつつ、残念だが早めに終了しようとした。しかし子供たちはなかなか川から上がろうとしない。
 小学生も中学生も「またやりてー」、「今度いつ?」と、早くも次回を楽しみにしてくれている。

 11:00過ぎから、雨バージョンの屋根付きの会場に場所を移し、焼きそばパーティ-を開いた。80人前の焼きそばが、ほぼあっという間になくなった。
f0141310_21185324.jpg

焼きそばが終わった後の「焼肉パーティー」。中学生があっと言う間に平らげた。

 今回は急な企画で、あくまでも実験のつもりで行ったが、私としては大成功だったと思う。
 富士市にも、いろいろな表情を持つ川があり、こんなに楽しむことができる。そして昨日は、滝川が想像していたより、澄んでいてきれいだった。
f0141310_2119616.jpg

 終了後の片付け。中学生が本当によくやってくれた。お疲れ様、ありがとう。彼岸花もそろそろ終わりです。

 来週金曜日の晩は、準備を一緒に進めたスタッフの皆さんと、今回の打ち上げ兼来年の第1回企画会議で盛り上がりたいと思う。

by koike473 | 2007-09-30 21:32 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/6456281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 一般質問「自転車の通行環境整備」 9月議会 一般質問 >>