環境審議会と勝亦正人さん

 昨日は「環境審議会」があった。
f0141310_22541046.jpg

 環境審議会とは、市長の諮問に応じ、環境基本計画の変更、年次報告書などに関し、調査審議し、意見を述べる機関だ。
 この審議会は、学識経験者、事業者団体の代表、市民代表、市会議員など、計27名で構成されるが、議員が4名おり、私もその一人として委員になり、今回が議員として初めての出席だ。
 「環境基本計画」は、平成14年3月に策定されたが、私は、この計画を策定する際に、平成12年から2年間、市民公募委員としてこの環境審議会に参加していた。
f0141310_22544117.jpg

 その時は、私の尊敬する大先輩である勝亦正人議員(当時)が議員委員として私の正面の席に座っていた。当時は、まさか同じ町内の勝亦氏の後を継いで選挙に出るなど夢にも思わなかった。
 また、策定した計画に基づき、どんな取り組みをしているかを審議している自分を考えると、年月が経つ速さに驚いた。

 昨日の審議は、18年度の取り組みの報告、また市民の皆さんからの意見に対する市の回答に関する審議、というより意見交換が中心だった。
f0141310_22553149.jpg

市民代表として参加しているNPO法人ふじ環境倶楽部の代表 渡井さん

 自分の立場の変化には驚いたが、学識経験者の数名の先生方は、7年前とほとんど変わっていない。と言うより、この先生方は、昭和40年代の公害がひどかった頃から、富士市の審議会に参加され、それをベースに国の環境基準などの制定に関わった我が国の第一人者の先生方だ。
f0141310_2255769.jpg

審議会会長の岡部先生と副会長の石黒先生

 かれこれ40年近い富士市とのつきあいの方々だ。(だから皆さん70歳以上の大大先輩だ)そして、この先生方に審議会に参加していただくよう尽力されたのが当時、富士市の職員で公害課(現・環境保全課や環境政策課)の係長だった勝亦正人氏だ。

 勝亦さんは、当時から審議会の後には、毎回必ず富士市内で先生方と一杯やる場を設け、それを40年続けてきたそうだ。本人は、「俺はいろいろな人と酒を飲むのが好きだから、ヘヘ-ッ。」と笑い飛ばしているが、その場を通じて最先端の公害対策情報を仕入れていたのだろう。

 実は、昨日も審議会終了後、勝亦さんが17:00頃から懇親会の場を用意して下さり、私も仲間に入れていただいた。(もちろん会費は払ったよ)

 私は、19:00から別の会合があり、アルコールは飲まずに途中で失礼したが、こうした人の縁や恩を本当に大切にしていかなければと改めて思った。

by koike473 | 2007-09-19 23:16 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/6381837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「国家の品格」の藤原正彦氏講演会 まちづくりコーディネーター講演会 >>