駿河台3丁目の防災訓練

 今日は9月1日。防災訓練の日だ。
 私は、毎年冬の防災訓練(12月第1日曜日)にはだいたい参加しているが、9月の訓練は、今の駿河台3丁目に引っ越してきてから14年目にして初めての参加だ。
 9月1日が休日でなかったり、土日であっても以前の仕事は、お盆明けから仕事が動き出し、結構忙しくなり始める時期だからだ。

 今年は、市議会議員になり、前の週に行われた準備の打合せにも出席し、そのつもりで出かけた。
 7月に中越地震があり、土曜日ということなので、町内の男性もかなり参加するかな?と思っていたが、役員以外は、やはり参加者は女性が圧倒的に多い。
 「普段、親父らは仕事に出ていていないから仕方がないよ」。
 確かにそうだが、いくつかの訓練をやってみると、一度体験しておかないと、実際に災害が発生した中では、とてもスムースに避難や救援、消火ができないようなことばかりだ。
f0141310_2246553.jpg
f0141310_22483475.jpg
f0141310_22485082.jpg
f0141310_2249097.jpg
f0141310_22492184.jpg
f0141310_22495589.jpg
f0141310_2250588.jpg

 市内各町内会の防災訓練の予定表を見ると、明日の日曜日(9/2)や夜間に実施するなど、なるべく町内の多くの人が参加しやすい(?)日程を組んでいるところも多い。
 また逆に、9月は行わず、12月のみの町内会も結構ある。

 テレビや新聞で、多発する実際の災害の「絵」や「情報」を見たり、聞いたりすることで、「この時は、こうすればいいのか」、「自分の家では、一応防災用品をそろえよう」など、「頭」でわかったような「つもり」になっているのを自分でも感じる。

 私が住む今泉の駿河台は、いわゆる「新興住宅地」だ。とりあえずでもいいから、訓練に出て道具の使い方などを体験することが重要だと感じた。
 そしてそれ以上に、お互い知らない人の方が多い町内の皆さんと顔を合わせることによって、「いざ」という時に声をかけたり、助け合える「きっかけ」を作っておくことが、更に重要だと思った。

by koike473 | 2007-09-01 22:55 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/6254384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ソフトボール女子日本リーグ戦 第二東名自動車道対策特別委員会 >>