ガクハイだよ。

 今日は、岳南排水路の視察があった。これは日本で唯一の工業専用の下水道である岳南排水路(通称「岳排(がくはい)」を管理する「岳南排水路管理組合議会」の視察会だ。この組合議会は、富士市議会から7名、富士宮市議会から3名で構成されている。私は、この組合の議員ではないが、以前から興味があり参加させてもらった。

 昨日から、年に1回(5日間)の定期点検・補修工事が始まっており、今日は岳排の概要についての説明を受けた後、2箇所の視察を行った。
f0141310_2355587.jpg
f0141310_236533.jpg

f0141310_2353170.jpg

 1つは、老朽化した直径1.8mの下水管の補強工事。地下6mにある既存の管を、その内側から樹脂製の帯を巻きつけ管の強度を上げるとともに、漏水がないようにする工事。SPR工法と言うそうだが、昨日から24時間体制で進め、約40mの区間が内側から見ると、全く新しい管に生まれ変わったように見える。
f0141310_2361696.jpg

 2つ目は、直径4.8mの最も大きい管。と言うより、これはもはやトンネルだ。田子の浦港近くの地下15mの位置にあり、JR東海道線の地下を横断している。

 この岳排には、富士・富士宮両市の79社、100工場の排水が流れ、最終的に田子の浦港に放流されている。「下水道」と言うと、どこかで浄化処理しているとまず考えるが、この岳排には処理場がない。
 第2次大戦後、昭和20年代から岳排は建設され、当初は最終処理場を現在の東部浄化センター付近に計画していたが、地権者などの同意が得られず断念。その後、鈴川海岸から駿河湾への海中放流も計画されたが、これも漁業者の反対で断念。結局、排水を出す各工場で、基準値以下まで自家処理し、その排水を岳排の下水管に流している。
 今日視察した管理組合は、下水管やポンプ施設の維持管理など、「いかに確実に排水を流すか」が本来業務であり、放流水質のチェックは、市(環境保全課)が行っている。
 つい先日、市内最大手の製紙2社(日本製紙、王子製紙)で、ばい煙のデータ改ざんが明らかになったばかりだ。公共の処理場がない岳排も、基本的には、各企業との信頼関係の中(定めたれた水質まで各工場で浄化処理し、放流するという取り決め)で運営されている。企業の姿勢が改めて問われるとともに、行政としても、しっかりと監視していかなくてはならない。
f0141310_2364623.jpg

 一方で私は、この方式で本当にいいのだろうかと前から疑問に思っている。皆さん、一度、沼川の河口あたりに行ってみてください。昭和40年代と同じような場面に出くわします。いくら富士山がきれいに見えても(今日は見えなかったが)、これはどうにかしなきゃ。

by koike473 | 2007-07-24 23:10 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/5966875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 会派でアサザプロジェクト視察 またまたお祭り! >>