初めての一般質問

 6月26日、本会議で初めての「一般質問」を行った。今日はその一つの「公園・緑地の整備について」の話。
 「公園・緑地」については、「泉ヶ丘配水池敷地(駿河台)の地域開放」を求め、以下の流れで質問した。
 ①全市的な公園整備に関し、優先順位をつけた整備プログラムの検討を検討すべきでは?(現在の整備計画は、現実的に無理・・・計画地周辺の市民に実現しない夢を見させ、また計画地の地権者には土地の利活用にプレッシャーがかかる)
 ②優先順位が低くならざるを得ない地域では、公共施設敷地の公園的活用を検討し、開放すべきでは?(上下水道施設、その他市が所有する施設用地、遊休地など)
 ③②の事例として、今泉北部地域での泉ヶ丘配水池敷地(通称「駿河台の水源池」)を、全域でなく部分的でも地域に開放すべきでは?
f0141310_05364.jpg
f0141310_0531963.jpg

上の写真は泉ヶ丘配水池南側から(富士市HPより転載)、下は北側からの写真

 ①、②については、当局側から「前向きに検討する」(?)との答弁を受けたが、③については「安全性の確保を考えると無制限の開放は無理」とのこと。
 でも、駿河台は、今でも住宅が増え、子供の数も増えている。町内を歩くと、幼稚園や小学校低学年の子供たちが、アスファルトの道路の上で元気に飛び回っている。ほぼ全域が「第2種中高層住居専用地域」。言ってみれば、住宅だけしか建てられないエリアなのに、ゆっくり憩える公園が全く無い。
 広見町や富士見台のように、計画的に造られた住宅地ではないけれど、都市計画で「住宅地」として設定したエリアなのだから、公園は当然あってしかるべきなのに。公園がすぐには無理なら、今ある水道部の施設の敷地を有効活用すればいいのでは?
 この件について、今回は惨敗だったけど、何とか資料を集め、近いうちに必ず開放を実現しなきゃ。

by koike473 | 2007-06-30 22:51 | 花・みどり・公園 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/5765915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2つめの質問 池田正次前議員ご苦労さん会 >>