東電の社会貢献

 昨日の12:30頃。吉原の御幸町交番裏の「南町公園」の脇を歩いていたら、公園の中に何十人もの人が!
f0141310_23243358.jpg

 よく見ると、作業服を着た男性に混じって、おそろいの制服を着たOL風の若い女性も何人か!
 みんな、ほうきや袋を持って、ゴミを掃いたり、拾ったりしています。
 中の年配の方に聞くと、吉原本町駅近くの東京電力の職員の方々だそうです。定期的に(期間は聞きませんでしたが)、この公園のそうじをしているそうです。早めに昼食をとり、事務所の皆さんほぼ全員がみえていたようです。
 会社としての方針でしょうが、頭が下がります。

 そう言えば、市役所前の青葉通りで昨年から始まった「アダプションプログラム」はどうなったのかな?
 「企業市民」と言われるようになって久しいですが、結構大変なことだと思います。

 企業のこのような活動も重要だし、ありがたいけど、住んでいる市民一人ひとりがゴミのポイ捨て(しているのは一握りの人なんだろうけど。だから余計腹が立つけど)をしないようにすることから始めなきゃ。

by koike473 | 2007-06-21 23:27 | 産業振興・雇用 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/5682544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 観光ビューロー検討ワーキング まちの駅の駅長会議 >>