美容液にCNFを混ぜ込むと高い保湿性が! ふじのくにCNF総合展示会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、ふじのくにCNF総合展示会に出かけた。

f0141310_08195016.jpg

 会場はふじさんめっせ。

f0141310_08255277.jpg
f0141310_08200319.jpg

 2年前の第1回は200人、2回目は690人、そして今年はそれ以上と、年々参加者が増え、国内最大のCNF展示会になったそうだ。

f0141310_08194293.jpg

 またこれまで少なったCNFを使った製品を作る企業=用途開発型企業も多数ブースを開設した。

f0141310_08210836.jpg

 中でも、大淵に工場があるコーヨー化成さんは注目だ。

f0141310_08191341.jpg

 増粘剤としてCNFを入れたバラの香りの美容液や保湿液が今年の冬に販売開始となるそうだ。

f0141310_08193011.jpg
f0141310_08192033.jpg

 私も、美容液を手に塗ってもらった。

f0141310_08205122.jpg
f0141310_08204270.jpg

 普段使わないので比較できないが、CNFを混ぜ込むことで保湿性が高まるそうだ。

f0141310_08205982.jpg

 またこれらの商品は、「バラの花」として商品にならない静岡県で生産された「くずばな」を活用した「静岡バラプロジェクト」の一環として開発された。

f0141310_08244579.jpg
f0141310_08243721.jpg

 更に富士山の地下水を利用している。

 こうした生活に直結する商品に使われると、CNFへの注目も一段と高まるだろう。

 その他にも、スピーカーや靴底に使うことで、音質や摩耗性が高まる試作品が紹介された。

f0141310_08190413.jpg

 ただ、まだまだCNFの単価が高い(5,00010,000/kg)ため、商品も高くなってしまうそうだ。

f0141310_08201484.jpg

 しかし、CNFの生産量そのものが、国の予想を上回るスピードで増加している。

 国が3年前に策定した「高度バイオマス産業創造戦略」では、2020年に年600900トンの生産見込みだったが、既に今年(2017年)で年1,000トンを超す見込みだという。

 今年、富士市に研究・生産拠点を開設した日本製紙のブースは、人だかりが多く、中に入れないほどだ。

f0141310_08203370.jpg

 富士市としては、「CNFのメッカ」を目指し、企業が創造的に活動できる環境づくりをさらに強力に進めていく必要を感じた。


by koike473 | 2017-10-20 08:34 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/28234535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 国家試験合格率100%を続ける... 新住職への代替わり行事  臨済... >>