目からうろこ! 「上下水道事業の広域化の勧め」 富士市上下水道経営審議会での講演

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、「富士市水道事業及び公共下水道事業経営審議会」を傍聴した。

f0141310_07323738.jpg

 6月議会で、私が一般質問した件が多く含まれていたので興味深く聴いた。

f0141310_07345221.jpg

 1つは、今朝の静岡新聞でも書かれているが「下水道計画の見直し」による郊外部の下水道から浄化槽への計画見直しの件。

f0141310_07350278.jpg

 もう一つは議題に先立ち行われた講演「上下水道事業の特徴と経営戦略プランの趣旨について」。

f0141310_07331666.jpg

 講師は、元福島県三春町企業局長で、総務省・地方公営企業等経営アドバイザー(水道・下水道)を務める遠藤誠作氏だ。

f0141310_07332540.jpg

 遠藤氏は、「経営戦略」策定の意義として「経営基盤強化と財政マネジメントの向上」を強調された。

f0141310_07330270.jpg

 「コストが高いのに、その半分しか使用料で賄われていない」(ちなみに富士市は1㎥当り汚水処理原価252円に対して、使用料は136円(27年度))。

f0141310_07325400.jpg

 特に興味深かったのは、使用料値上げも検討しなければならないが、経営体制の抜本的改革だ。

f0141310_07343350.jpg

 上下水道事業の「広域管理の勧め」だ。

f0141310_07330859.jpg

 例えば富士市・富士宮市の上下水道を併せると、総資産2,000億円?は上場企業並みだ。

f0141310_07352724.jpg

 安定した顧客(市民)があり、150人の職員がいれば相当の運営能力はある。

 製紙業界には、「水処理」のエキスパートが多数いる。

 共同管理から段階的にスタートすることを検討したらどうかという提案だった。

f0141310_07333976.jpg

 これまで考えてもみない話だっただけに、今後の「経営戦略プラン」の内容がどうなるか注視していきたい。


by koike473 | 2017-09-06 07:42 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/28124400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今日から富士市議会9月定例議会... 23日(祝・土)の「彼岸花ウォ... >>