「憲法70歳。何がめでたい」(産経新聞)に驚いた! 今年の戦没者追悼式と戦争展

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日815日は、終戦記念日であり、お盆の中日だ。

 市が主催する戦没者追悼式に出席した。

f0141310_07301715.jpg

 お盆の中日が終戦となったのは、亡くなった300万人以上の方が祖国や家族を思いながら無念の死を遂げ、その御霊の「我が家に帰りたい」という強い思いからなのでは?と、思いながら手を合わせ、改めて不戦を誓いました。

f0141310_07300674.jpg

 式の後は、同じロゼの1階で「平和のための富士戦争展の会」が主催する戦争展を見学。

f0141310_07285779.jpg

 今年で30回目の戦争展だそうだ。

f0141310_07293611.jpg
f0141310_07284629.jpg

 改めて戦争の悲惨さを思う。

f0141310_07290574.jpg
f0141310_07291937.jpg

 中でも注目したのは、「改憲」が大きなテーマとなっている中で、今年の憲法記念日・53日の全国紙の1面。

f0141310_07275572.jpg

 憲法施行70年の今年は、どの新聞も「憲法」を大きく取り上げた。

 朝日

f0141310_07295046.jpg

 毎日

f0141310_07305950.jpg

 東京

f0141310_07303397.jpg

 読売

f0141310_07304664.jpg

 産経

f0141310_07282333.jpg

 私は、産経の「憲法70歳。何がめでたい」に、のけぞるほど驚いた。

f0141310_07281346.jpg

 いろいろな考えの人がいるものだと思うと同時に、「私はめでたかったし、改憲は必要だが、現憲法の骨格、立憲主義の考え方は宝だ」と改めて思った。


by koike473 | 2017-08-16 07:36 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/28053012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< お盆最後の行事 わきみず寺(法... 私自身が大変勉強になった柏崎市... >>