東京大学先端科学技術研究センターを訪問 ユニバーサル就労推進の切り札=「超短時間雇用という働き方」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 先週の8()は、東京大学先端科学技術研究センターに出かけた。

f0141310_07531582.jpg

 先月、塩尻市(長野県)で講演を聴き「目からウロコ」だった近藤先生の訪問だ。
  ↓
 http://koike473.exblog.jp/27835139/

 議会からユニバーサル就労推進議連の役員、市役所からは担当課の職員等で伺った。

f0141310_07530825.jpg

 「東大=本郷」というイメージがあるが、先端研は駒場キャンパス(目黒区)にあり、私は初めて訪問した。

f0141310_07525347.jpg

 近藤先生の話を改めて伺い、「超短時間雇用という働き方」は、まさに「ユニバーサル就労」を進める大きなきっかけになると確信した。

f0141310_07522901.jpg
f0141310_07524533.jpg

 また、それは同時に受け入れる企業の生産性向上にもつながる。

f0141310_07530096.jpg

 「富士市と東大先端研との共同研究の形からどうだろうか?」という話も出た。

 明日からは開会する6月定例議会では、こんな観点からユニバーサル就労の推進について一般質問したいと思う。


by koike473 | 2017-06-13 07:56 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/27890295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ユニバーサル就労支援の中核拠点... 腿と腰がパンパンに  吉原祇園... >>