相当のレベルの公害対策を実施  鈴川エネルギーセンター石炭火力発電所

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 2
日(金)は、議会で鈴川エネルギーセンター火力発電所を視察した。

f0141310_07015731.jpg

 日本製紙鈴川工場跡地に造られた石炭火力発電所だ。

f0141310_07011099.jpg

 建設前は、大気汚染、騒音、粉塵、臭い、景観等の面から、地域内外から懸念が示されていた。

f0141310_07010078.jpg

 昨年夏から本格稼働したが、そうした懸念が顕在化したという話も聞いていなかった。

 そんな中、発電所の運転・管理を担当している日本製紙職員の方の案内・説明で視察した。

f0141310_07030598.jpg

 田子の浦港に到着したオーストラリア産の石炭がトラックで運ばれ、降ろされる。

f0141310_07023729.jpg
f0141310_07024794.jpg

 「石炭火力」を象徴する石炭タンクと、石炭を発電施設に送る運炭コンベヤ。

f0141310_07025787.jpg
f0141310_07022705.jpg

 発電施設建屋の屋上から見る排気塔(エントツ)。

f0141310_07011828.jpg
 北側には、いつも草刈りに精を出している沼川や滝川が。
f0141310_07013310.jpg

f0141310_07014641.jpg


 東側は、脱硫、脱硝、電気集塵機等の環境対策設備が集中する。


f0141310_07012408.jpg


 敷地内にいても、どの分野の「公害対策」も相当のレベルで配慮され、私の五感に「いやだな」と感じさせるものはなく、現段階では全く問題はないように感じた。


f0141310_07021602.jpg

f0141310_07020685.jpg


 ここで発電された電気が送られる最初の鉄塔。


f0141310_07031446.jpg


 あとは何割かでも、平常時、そして緊急時に、地元・富士市への電力供給がなされる体制になればと思うのだが。



by koike473 | 2017-06-06 07:11 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/27870825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「アイシャルリターン」 元NP... 富士高女子ハンドボール部 延長... >>