設立10年目の平成29年度富士山観光交流ビューロー総会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、(一社)富士山観光交流ビューローの29年度総会に出席した。

f0141310_07511891.jpg

 ビューローは、平成204月に設立され、今年10年目を迎える。

f0141310_07511017.jpg

 私は、議員になる前の前職で、ビューロー設立の調査検討に関わった経緯もあり、設立時から個人会員として会費を払っている。

 今年は、久しぶりの総会出席だった。

f0141310_07512602.jpg
f0141310_07513388.jpg

 ビューローの活動もあり、富士市への来訪客も年々増加している。

 一方、市民の「富士市の観光施策」を見る眼、考える視点も多様化し、「もっとこうすべき」、「あれができていない」と様々な意見を聞くことが多い。

 来賓で出席された県観光協会の方が「インバウンド(外国人観光客)8人の消費は、定住する日本人1人の消費に相当する」とおっしゃっていた。

 そうした視点から「観光交流の効果」を検証しなければと思う。


by koike473 | 2017-06-01 07:53 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/27856945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 富士市の清流・田宿川の新しい親... 「若い世代の人口確保」には何が... >>