「富士に生まれた東洋美術史の世界的権威 大村西崖」特別講演会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村



 昨夜、神戸から帰宅した。

 じっくりと防災、中小企業振興のことを学び、考えることができた研修だった。

 今日は、14日(日)に参加した「大村西崖 特別講演会」のこと。

f0141310_07132533.jpg

 先日もブログで書いたが、現在富士山かぐや姫ミュージアム(市立博物館)では、第54回企画展として「東洋美術の父 大村西崖」が開催中だ。

f0141310_07125847.jpg

 この一環として、大村西崖研究の第一人者である吉田千鶴子氏を講師に招き、開催した講演会だ。

f0141310_07134675.jpg

 小さな会場は満席。

f0141310_07131221.jpg

 西崖の一生をたどる形で講演は進んだ。

f0141310_07133471.jpg

 私が感じたのは、学者、教育者というより、「出版プロデューサー」としての西崖だ。

 週刊誌やもちろんインターネットもなかった当時、様々な知人との縁を活かし、東洋美術や仏教に関する書物や画集を刊行している。

f0141310_07135723.jpg

 もちろん西崖自身が主な執筆者、編集者だが、刊行の金策まで彼が担っている。

f0141310_07143439.jpg

 西崖は、水戸島の塩澤家に生まれ、25歳の時に岩淵の大村家の婿養子となっている。

 故郷への愛着が深く、「富士」には頻繁に立ち寄っていたそうだ。

 これまで、こんな偉人がいたとは知らなかった。

f0141310_07140785.jpg

 企画展は、今週末(21日)までです。

 お薦めです!


by koike473 | 2017-05-17 07:19 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/27815653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< とても参考になった神戸での2日... 昨日から神戸で「受援力」と「中... >>