景観やみどりに配慮した民間の住宅地開発「あさひの杜」のトークショー

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 5日(日)は、「あさひの杜」トークショーに参加した。
f0141310_6494097.jpg

 あさひの杜とは、青葉台地区で新たに造成・分譲される住宅団地の名前だ。
 景観や「みどり」に配慮した「雑木の杜に佇む町並み」を目指している。
f0141310_6515662.jpg

f0141310_6521117.jpg

 この住宅地開発の考え方、デザイン方針を監修している建築家・田中敏溥氏の講演。
f0141310_6522580.jpg

 ご自身が彫った版画で構成して出版された「向こう三軒両隣り」の考え方に基づく、「あさひの杜」の開発方針を、ほのぼのと、温かく話された。
f0141310_6533177.jpg

 「美しい町並みと向こう三軒両隣り」の精神を実現するためには、「作法」が必要だと訴えた。
f0141310_6534120.jpg

 建物=住宅の具体的なルール。
f0141310_6534912.jpg

 記念樹・シンボルツリーも、各戸で3本の雑木を植える。
f0141310_655234.jpg

 駐車スペースは、屋根をかけず、オープンスペースに。
f0141310_6551657.jpg

f0141310_6552734.jpg

 また、そのスペースが道路とともに、両隣りの敷地とつながる緑の回廊を創り出す。
f0141310_6554095.jpg

 事業主であり、造園工事を担当する旭華園の渡辺氏。
f0141310_6555859.jpg

 自然やみどり・景観に関する考え方を説明された。
f0141310_6561010.jpg

 6月末に、市から開発許可が下り、造成工事に着手したとのこと。

 そして最後は、この住宅地開発に協力する設計士さんや工務店さんの紹介。
f0141310_6563737.jpg

 同級生のフジモク社長・川口氏もあいさつを。

 ここまで景観やみどりに配慮した民間の住宅地開発は、おそらく富士市では初めてだと思う。
 来年の「町びらき」が楽しみだ。

by koike473 | 2015-07-09 06:58 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/24228162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 防災講演会の講師を初めて務めま... 「山を守ることは、富士市を守る... >>