先祖から連綿と続く歴史  法雲寺(わきみず寺)の法事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 28日(日)は、妻の実家である法雲寺(わきみず寺)の法事が行われた。
f0141310_7301959.jpg

f0141310_7303374.jpg

f0141310_73114.jpg

 先代(25回忌)、先々代(37回忌)、そして前のおばあさん(17回忌)の法事だ。
f0141310_7304359.jpg

 法事を営むのは、現住職とその息子。
f0141310_7311153.jpg

 「4代の住職がここにいる」と思うと感慨深いものがある。

 歴代の住職(先師)のお墓にお線香をあげる。
f0141310_7331745.jpg

 先師の石塔。
f0141310_731352.jpg

 私は直接は先代(義父)しか知らない。
f0141310_7314822.jpg

 しかし、先師に加え、各檀家の多くの先祖の方々がこの墓地に眠っていることを思うと、連綿と続くそれぞれのお宅や地域の歴史を振り返る場が「お寺」だと改めて感じた。

by koike473 | 2015-06-30 07:35 | 今泉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/24192091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梅雨の晴れ間に小潤井川で草刈り... 10年ぶりに代表が交替! NP... >>