お彼岸を過ぎたヒガンバナは、これから冬にかけて球根に栄養を!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 所属するNPO法人ふじ環境倶楽部では、「滝川の土手を彼岸花で埋め尽くす市民里親事業」に取組んでいる。

 先日行った「のんびり彼岸花ウォーク」もその一環だが、11月2日に「ヒガンバナの球根の植え付け作業」を行う。
f0141310_7223796.jpg

 現在、参加者(里親)を募集中だが、ある企業さんから大勢で参加いただける旨の話を伺った。
 そこで先日(30日)、渡井代表と現場(滝川)の下見に出かけた。

 彼岸花は、ごらんの通り、ちょっと残念な姿に。
f0141310_7232097.jpg

f0141310_7234039.jpg

 花が枯れた後は、葉が伸びて冬の間、球根に栄養を貯める。
f0141310_7241442.jpg

f0141310_7234965.jpg

f0141310_7244614.jpg

f0141310_725382.jpg

 球根を植えるには、まず草を刈らなくてはならないが、機械(刈り払い機)が足りない。
f0141310_7251820.jpg

 手ガマで刈ってもらう人も出てくるので、どんな具合か確認。
f0141310_7252767.jpg

 結構大変だ。
f0141310_7253528.jpg

 それでもカマをしっかり砥いで、何とかきれいな土手にしていきたい。

by koike473 | 2014-10-02 07:27 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/23045311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月議会での一般質問は「新たな... 各家庭で「家具固定」への取組み... >>