サッカーのワールドカップ期間限定の駐日ブラジル大使館「紙管のパビリオン」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 14日(月)~15日(火)は、所属する内山財産委員会と須津山財産委員会の合同視察に出かけた。
 その中で、帰りに寄った一番タイムリーな話題の建物?の紹介を。

 サッカーのワールドカップは終了したが、東京にある駐日ブラジル大使館には、ワールドカップ期間に合せた「紙管パビリオン」が開設・公開されている。
f0141310_7155331.jpg

 設計は、「紙の建築」で知られる坂茂氏だ。
f0141310_7161747.jpg

 坂氏は、富士宮市に整備される富士山世界遺産センターの設計者でもある。
f0141310_7163153.jpg

 坂氏は、さまざまな災害の被災地で、紙管を組み合わせる方法で教会や仮設住宅を設計・建設している。
 現在、ブラジルでアマゾンのビジターセンター(木造)を坂氏が設計している関係で、ラーゴ駐日大使が坂氏に依頼したそうだ。
f0141310_7165265.jpg

 「紙のまち・富士市」としては、紙管がどこで製造されたのかが気になったが、福岡県内のメーカーさんだそうだ。
f0141310_7171100.jpg

 昨日は、ラーゴ大使がちょうど大使館におり、快く我々を迎えていただき、記念写真も。
f0141310_717107.jpg

 カシューナッツのジュースやチーズパンもふるまっていただいた。
f0141310_7172376.jpg

f0141310_7173380.jpg

 残念ながらブラジルは負けてしまったが、大使館に寄った私たちはブラジルが大好きになった。
f0141310_718169.jpg

 この「紙管のパビリオン」は7月18日までで解体され、紙管は別の場所で再利用されるそうだ。
 今日を入れてあと3日間。
 秩父宮ラグビー場のすぐ西側です。

by koike473 | 2014-07-16 07:20 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/22547931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 公害対策の「生き証人」 勝亦正... 暑い中「てんのさん」で盛り上が... >>