水害防止はハード、ソフトの両面から! 富士市水防訓練

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、26年度の「富士市水防訓練」が行われた。
f0141310_7323951.jpg

 会場は、富士川(岩松)の雁(かりがね)公園。
 市内10地区に設置されている水防団の皆さんの訓練成果が披露された。
f0141310_733074.jpg

 富士市の水防団は、明治22年に旧岩松村、加島村、田子浦村に最初に設置され、以来125年間、富士川を始めとする市内各河川流域で組織され、水防活動を行ってきているそうだ。

 まずは、「土嚢積み」。
f0141310_7331198.jpg

 県(富士土木事務所)の若い職員も参加している。
f0141310_7332637.jpg

 私も何度かやったことがあるが、これはかなりハードな作業だ。
f0141310_7333694.jpg

 裏側にも積んで、ビクともしない。
f0141310_7334767.jpg

 次は、月の輪工法(手前)、川倉工法(後ろ)等の訓練。
f0141310_734369.jpg

 重い丸太を組んでいくのはかなりキツい作業だ。
f0141310_7341738.jpg

 「もっとこっちだ!」 リーダーの厳しい声が飛ぶ。
f0141310_738273.jpg

 帰りに、主に吉原・伝法地区の水害被害を軽減するために工事が進んでいる「伝法沢調整池」の進捗を見に寄った。
f0141310_7344351.jpg

f0141310_735198.jpg

 この写真は、3年前の6月。
f0141310_735945.jpg

 現在。
f0141310_7352511.jpg

 当初は、25年度中に供用開始の予定だったが遅れている。
f0141310_7353536.jpg

 それでも、今年(26年)の台風シーズン前(8月)には供用できるそうだ。

 こうしたハードと、水防活動等のソフトの組み合わせが重要だ。

by koike473 | 2014-05-19 07:38 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/22076436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 災害時への備え 町内有志で「窓... 風がさわやか! 30年が経過し... >>