がれきは全て片付き、これから復興工事が本格化する石巻・女川

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、連休に出かけた石巻、女川の話。

 3・11以降、私はボランティア(泥かき)や議会の視察等で計4回被災地に行っている。
 まだ一度も行っていない私の家族と、ちょうど3年が経過した被災地に伺った。

 日和山から見た石巻の旧北上川河口部。
f0141310_726437.jpg

 がれきは全て片づけられている。

 火災が発生した門脇小と区画整理の看板。
f0141310_7261948.jpg

 このエリアは、区画整理に向けて一歩を踏み出した。
f0141310_7262733.jpg

 海岸に沿った堤防の嵩上げ工事。
f0141310_726496.jpg

f0141310_7265969.jpg

 ふだんは、こんなに穏やかな浜辺だが。
f0141310_7271119.jpg

 津波は堤防を乗り越え、返す波でコンクリートをえぐった。
f0141310_7272025.jpg

 海岸から200~300m内陸側を走るこの道路の中央分離帯にも第二堤防?の計画が。
f0141310_7275876.jpg

 より内陸側の住宅地には浸水させない計画か。
f0141310_728967.jpg

 こちらは隣りの女川町。
f0141310_7284886.jpg

 この写真を撮った高台(標高17m)まで津波が襲ったそうだ。

 横倒しになったままのビル。
f0141310_729331.jpg

 復興計画では、この高さまで盛土で一面を嵩上げするそうだ。
f0141310_7291456.jpg

f0141310_7292447.jpg

 ネットで検索すると、被災地各地で復興計画がまとまり実施に向けて動いているようだ。
 しかし、これから盛土等の造成や基盤整備が始まる段階で、まだまだ仮設住宅に住んでおられる方が圧倒的に多い。
 一方で、ほとんど何もなくなってしまった場所に、個別に住宅が建ち始めている被災地もあった。
 「『地域』として復興できるだろうか?」と思ってしまったが…。

 今回は、見て回るだけが大半で、行政や地元の方に話を伺った訳ではない。
 迅速な復興を祈るのみだ。

by koike473 | 2014-05-14 07:31 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/22037333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< また行って思う存分食べたい!「... 「バラ祭り」で見つけた品の良い... >>