新緑がまぶしい「杜の都・仙台」は都市計画のお手本

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、連休中に出かけた仙台の話。

 「杜の都・仙台」は、訪れる人にぴったりのイメージだ。
f0141310_802517.jpg

 駅周辺は、太平洋戦争で空襲を受けたため、戦後の復興区画整理事業により再建され、広い幹線道路や碁盤の目のような区画道路が整備された。
f0141310_811711.jpg

 70年近く経ち、当時の都市計画の見事な先見性に脱帽だ。
f0141310_812688.jpg

 特にケヤキ並木が美しい定禅寺通りや青葉通りは、新緑のこの季節は最高だ。
f0141310_814714.jpg

 上から見ても、下から見ても「杜の都」だ。
f0141310_88293.jpg

 また泊まったホテルに面した広瀬通りは、イチョウの並木がどっしりしていて、朝の散歩が快適だった。
f0141310_824049.jpg

 朝から高速バス乗り場は多くの人が並び、頻繁にバスが出発する。
f0141310_825035.jpg

 東北随一の大都会を実感する一方、前日に行った沿岸被災地との違いに切なさを感じずにいられない。
f0141310_83027.jpg

 仙台は何度か来たが、いつも泊まるだけだった。
 今回は、「るーぷる仙台」という仙台市が運行している乗り降り自由の観光周遊バスに乗った。
 9:00の始発バスには既に多くの人が並ぶ。
f0141310_831960.jpg

 満員で出発し、藩祖・伊達正宗公の霊屋(墓所)「瑞鳳殿」へ。
f0141310_833380.jpg

 「貸し杖」を借りて階段や坂を登る。
f0141310_834637.jpg

f0141310_84469.jpg

 観光ボランティアガイドさんの説明がわかりやすい。
f0141310_841588.jpg

 ただ見て回るのとは大違い。
f0141310_842296.jpg

 他市に来て、改めて富士市のボランティアガイドさん達の大切さを感じる。
f0141310_843014.jpg

 「るーぷる仙台」は、15か所のバス停(観光ポイント)を回りながら、1時間15分で1周する。
f0141310_845678.jpg

f0141310_8105727.jpg

 連休中は15分間隔で運行し、使い勝手が良い。
f0141310_852996.jpg

 そしてやっぱり最後は、独眼竜・伊達正宗の仙台城址の写真で。
f0141310_854568.jpg

by koike473 | 2014-05-09 08:11 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/21998416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふくろう at 2014-05-11 01:18 x
私は、1970年2月生まれで、現在、失業中で求職中です。

仙台ですか。
仙台なら、仙台幸子さんグッズがお勧めです。
持っていると、幸福を呼ぶそうです。
Commented by koike473 at 2014-05-12 07:35
ふくろう様 ありがとうございます。
「仙台幸子」グッズ、知りませんでした。
ネットで見たら、結構有名ですね。
次回(いつかなあ?)を期待したいと思います。

<< 草は大きく伸びたが「みるい」茎... 100種類の菊が1本の台木から... >>