次郎長町の皆さん方のおもてなしが最高だった「村山登山道巡礼体験ウォーキングツアー」の後半

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、「村山登山道巡礼体験ウォーキングツアー」の後半の話。

 日吉浅間神社を出た後は、吉原商店街へ。
f0141310_7532380.jpg

 鯛屋旅館(吉原小宿)前では、大勢の皆さんが待っていた。
f0141310_7533786.jpg

 ここでもお加持を。
f0141310_7534696.jpg

 スケジュールが遅れ気味ということで、早めにスタートし、旧吉原宿の西木戸を通過。
f0141310_754049.jpg

 伝法に入ると。
f0141310_754965.jpg

 上り坂が始まる。
f0141310_7542511.jpg

 ビヨンズ北側に、村山道を示す古い石の道標が。
f0141310_7543382.jpg

 新東名のIC周辺は、登山道が分断され、何度も迂回を。
f0141310_75544.jpg
f0141310_7551388.jpg

 大渕・穴原釈迦堂での勤行。
f0141310_7552221.jpg

 民間霊園の駐車場をお借りして休憩。疲れがどっと出る。
f0141310_7553138.jpg

 徐々に暗くなってきたが、まだまだ距離はある。
 次郎長町に入る頃から、足がつり気味で膝も痛くなる。
f0141310_7554680.jpg

 次郎長町の皆さんの町内をあげての盛大なおもてなし。
f0141310_7565276.jpg

 生き返った思いだ。ありがとうございました。
f0141310_757366.jpg
f0141310_7571017.jpg

 皆さん、健康でありますように。
f0141310_7572675.jpg

 富士市に別れを告げ、富士宮市へ。
f0141310_7574423.jpg

 地元の皆さんが設置した新しい道標を曲がる。
f0141310_758733.jpg

 坂が更にきつくなる。
f0141310_7581750.jpg

 「あと30分くらいだ」というところで大粒の雨が。
f0141310_7582710.jpg

 このあたりが私の足の痛みのピーク。

 そして19時前、なんとか村山浅間神社に到着。
f0141310_7584934.jpg
f0141310_7585845.jpg
f0141310_7591271.jpg

 お堂の中で、最後の勤行。
f0141310_812510.jpg

 お堂の奥には、写真で見た修験道の開祖と言われる役行者(えんのぎょうじゃ)の木像が。
f0141310_82195.jpg

 陽はとっぷりと暮れていた。
f0141310_822045.jpg

 ここまで22km、標高500m差を登ってきた。
 峰入り修行の皆さんは、あと2日で、3200m以上登ったはずだ。
 残念だが、私にはおそらく難しいだろう。

 この日の晩はぐっすり眠れるかと思ったが、あまりの疲れと陽に焼けたかゆみで、なかなか寝付けなかった。

by koike473 | 2013-08-26 08:05 | 歴史・文化・芸術 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/20273447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 白落天 at 2013-08-26 23:22 x
お疲れ様でした。
昨年のことを思い出しながら、拝読いたしました。
峯入り修行って、信仰の対象としての富士山を証明する
富士市の唯一の無形構成資産だと思うんです。
もっともっと広く知って欲しいですね。
Commented by koike473 at 2013-08-27 07:30
白落天様 ありがとうございます。
私も歩いてみて(途中までですが)ホントにそう思いました。
世界遺産センターは、またしても富士宮市です。
地道ですが、こうした取り組みを重ねていくことが必要ですね。
それに、鈴川~村山~5合目だったら、年間通じて可能ですよね。

<< 重機が入っての小潤井川の浚渫工事 初体験の「村山登山道巡礼体験ウ... >>