構成資産がない富士市だが  「オール富士さん」が始動

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 20日(火)の晩は、「オール富士さん!全体会」が開かれた。
f0141310_7364738.jpg

 富士山が世界文化遺産に登録された。
 だが富士市にはその構成資産がない。
 しかし富士山への思いは、市民それぞれの心(こころ)の中にあるはずだ。
 その「こころの資産」を、さまざまな活動を通じて後世に引き継いでいこう!というものだ。
f0141310_7371814.jpg
f0141310_7373076.jpg

 発起人の代表である漆畑氏(右)と小川氏(左)から、取組み趣旨が説明された。
f0141310_7374056.jpg

 発端は、富士芸術村(大渕)の村長である彫刻家の漆畑氏が熱く語っていた、富士市の地場産業である「紙」を活かした市民参加のイベントに集中して取組みたいとの思いからだ(と私は思う)。

 漆畑氏には、以前、議員有志で組織する「富士市芸術文化振興議員の会」にも来ていただきその思いを伺った。

 それを、今回の発起人となった皆さんも入り、「世界文化遺産・富士山のまち 富士市」としてバージョンアップした取組みにしていこうと言うのが「オール富士さん」だろうか。

 この日は、市内のさまざまな団体や個人で活動している方、80人ほどが集まった。
 6つのグループに分かれ、それぞれの「富士山への思いと、できること、やりたいこと」を披露した。
f0141310_738336.jpg

 私は、久しぶりにワークショップに参加メンバーとして加わった。
f0141310_7381721.jpg

 「こうしたい」、「自分はこんな活動を続けていきたい」等、いろいろな意見が出された。
f0141310_7382749.jpg

 しかし、ワークショップのルールを守らない人には「イエローカード」だ。
f0141310_7384392.jpg
f0141310_738492.jpg

 そしてグループごとの発表。
f0141310_7396100.jpg
f0141310_7391533.jpg

 観光、景観、環境、歴史・文化等々、幅広い分野から意見が出された。
f0141310_7393026.jpg

 今回は、それぞれの意見の書き出しだったが、発起人の皆さんは、次回からはそれを深めていくことを考えている。

 かなりの「絞り込み」と、この取組みを支える体制、財源確保の必要性を感じた。

by koike473 | 2013-08-22 07:43 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/20249286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 初体験の「村山登山道巡礼体験ウ... 猛暑の中の「つるあり莢豆(さや... >>