猛暑の中の「つるあり莢豆(さやまめ)」と「ゴーヤ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 猛暑が続く。
 昨日の夕方から夜にかけては、雨が降りそうだったが、それもかなわず。

 こんな中、今日は2つの植物を紹介。
 1つは「つるあり莢豆(さやまめ)」。
f0141310_735378.jpg

 5月に畑に植えた後、6月頃からみるみる伸び始めた。

 花が咲いた様子もないので、いつ実(豆)がつくのだろう?と思っていた。
 ところが先週、お盆前によく見ると、枯れたり、干からびたりのこんな長い豆が何本かついていた。
f0141310_735265.jpg

 ネットで調べると「三尺ささげ」と出るように、とにかく長い。

 その後も莢(さや)が、何本かついた。
f0141310_7354733.jpg

 1本でインゲン2~3本分?
f0141310_736022.jpg

 ゆでて、マヨネーズで食べるとうまい!
f0141310_7361559.jpg

 もっとつくのを期待しているが。

 そしてこちらは、私の部屋の東側のプランターに植えたゴーヤのビフォーアフター。
f0141310_7365894.jpg
f0141310_7374100.jpg

 何の前後かというと、1日忘れた水やりの前後。
 ほんの1時間でこの通りだ。
f0141310_7372624.jpg

 でも、プランターでは今年も小さな実がいくつかなっただけだ。
f0141310_7373336.jpg

 「緑のカーテン」は、やはり実がならなければもったいない。

by koike473 | 2013-08-21 07:39 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/20243444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 構成資産がない富士市だが  「... 富士高の同窓会総会で小長井よし... >>