50肩と県営富士水泳場(プール)の天井落下

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 この半年ほど、年齢(とし)と言うか、老化を感じることが多い。
 まずは「50肩」。
 左肩が痛く、水平以上にはまっすぐに上げられない状況が続いていた。

 もう一つは「成人病」。
 健康診断で、いろいろな数値が悪く「とにかく体重を落としましょう」。

 一念発起して、食べる量を減らし、そして先週、時間が取れたので初めて大渕にある県営プールに行った。
 入念に準備運動をして泳いだが、肩はギコギコと痛い。
 それでも泳ぐには肩を回さざるを得ない。
 まして「俺だって昔は水泳部。へたな姿は見せられない」との思いがある。
 しかし無理して泳ぎ続けると不思議。
 肩がずいぶん回るようになってきた。
 「これは、医者(整形)に行くよりよほどいい!」

 昨日は、朝から「吉原高校避難所開設・運営マニュアル」の原稿づくりを行い、午後3時からプールに行くつもりでいた。
 ところが新聞でこのニュース。(静岡新聞)
f0141310_7322942.jpg

 「この間泳いでいたあたりだ!」
f0141310_7324636.jpg

 行ってみるとこんな看板が出ている。
f0141310_733191.jpg

 という訳で隣接する市営の温水プールへ。
f0141310_7331295.jpg

 1時間かけて1,000m泳いだ。
 肩は、前回以上に回るようになった。

 そして脱衣所で初めて見た脱水機。
f0141310_733301.jpg

 今の水着は、以前のものに比べ身体を覆う面積が多い=かさばるので、これは重宝する。
f0141310_7334467.jpg

 県営プールは、完成して10年そこそこ。
 どうしたことだろう?
 老朽化と言うには早すぎる。
 7~8月に予定されている各種大会の調整は大丈夫だろうか?

 今朝起きると、肩の調子はますますいいので、これからも時間が取れる限り温水プールに通うつもりだ。

 なんだか今日のブログは散漫な文章だが…。

by koike473 | 2013-07-17 07:36 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/20030429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 後世にしっかり伝える重要性 「... 「太鼓」と「売店」でフル回転 ... >>