候補者3人の政治姿勢がわかる 静岡県知事選挙公開討論会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨夜は、富士交流プラザで「静岡県知事選挙公開討論会」があった。
f0141310_7415164.jpg

 会場内は写真撮影禁止だったので、新聞記事で。
f0141310_742679.jpg

 立候補予定者3氏が、5つのテーマについて、それぞれの考え方を述べていく。
f0141310_7422917.jpg
f0141310_7423636.jpg

 一人の持ち時間は基本的に3分、テーマをさらに絞り込んだ再質問には2分など短い。
 それぞれの発言、政治方針は別にしての私の感想。

 川勝氏は、現職らしくデータを基に実績と展望を展開。時間終了の鐘が鳴っても必ず一言言う、良い意味の「しつこさ」はさすが。
 広瀬氏は、スポーツマンらしく、わからないことは明確に「わかりません」と答える一方、電通マン=民間人らしさも随所に。
 島津氏は、誠実な人柄がにじみ出る。誰かに似ていると思っていたら「そうだ、党の志位委員長だ」。話し方、身振りもそっくり。

 そして3人に共通していたのは「歯切れの良さ」。
 見習わなくてはと思う。

 すべて持ち出し(自腹での自主事業)で主催した日本青年会議所(JC)静岡ブロック協議会の皆様、ありがとうございました。

by koike473 | 2013-05-21 07:44 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/19480972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ソフト面での水害対策の強化 平... 「あと1点」が遠かったが「勇猛... >>