市役所南側の永田町にマンション新築計画が

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 市役所南側の青葉通りと大月線(国道139号)の交差点南側にマンションの建設計画が進んでいる(市役所9階からの写真)。
f0141310_753071.jpg

 事業者は、本社が香川県高松市にある穴吹工務店で、これまで富士市内でも3棟のマンション実績がある。
f0141310_7531551.jpg

 サーパスマンションという名前は、見たり聞いたりしたことがある方も多いのでは。
f0141310_7532842.jpg

 吉原商店街第一街区の再開発準備組合の勉強会の中で入手した資料によれば、吉原地区でのマンション新築は6年ぶり位だ。

 平成16年から20年くらいまでは、市内で毎年100戸以上の供給があったが、リーマンショック以降はばったり途絶えていた。
 富士駅周辺地域では、多少新築もあったが、この間に完成在庫の処分(販売)が時間をかけて行われていたとのことだ。

 今回の計画地は、市が総合計画で位置付けている「まちなか」エリアだ。
f0141310_754578.jpg

 13階建て、48戸の計画なので、100~150人ほどの人口が増えるはずだ。
f0141310_7541830.jpg

 今後の経済情勢にもよるが、こうした動きが吉原地区の再開発と定住化の追い風になることを期待したい。

by koike473 | 2013-01-11 07:57 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/18336919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 最終的には埋め立て処分と、その... 今泉まちづくりセンターへのアプ... >>