訓練の熟度が高い 富士駅南地区避難所運営訓練

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 25日(日)は、富士駅南地区の「体験型避難所運営訓練」を見学に出かけた。
 会場となる避難所は、富士第二小学校だ。
f0141310_812742.jpg

 私が住む駿河台3丁目の避難所は、県立吉原高校だ。
 吉原高校に避難する計7町内が、今年から「避難所運営マニュアル」の作成に取り組む。
 その7町内の防災関係者で、市内でも先進地区である駅南地区の避難所運営訓練を実際に見学しようということで出かけた。

 各区(町内)から、避難所へ徒歩で集合する。
f0141310_815263.jpg

 見ていると、先頭の人は無線機で連絡を取りながら歩いてくる。
 避難所と全ての区に無線機を配備し、連絡が取れるようにしてあるそうだ。

 避難者の受付。
f0141310_8211100.jpg

 カードに記入し、事前に区で整理されている名簿と照合・チェックしていく。
f0141310_822947.jpg

 記入したカードは、そのまま張り出され、誰が避難所にいるか多くの人がわかるようにする。
f0141310_825780.jpg

 私も地区外の避難者として記入。
f0141310_832470.jpg

 張り出された。
f0141310_834274.jpg

 訓練開始。
f0141310_8445.jpg

 9つのプログラムを、20分ずつ体験していく。
f0141310_842791.jpg

 DIGによる被害状況把握訓練。
f0141310_84451.jpg

 間仕切り組み立て訓練。
f0141310_851120.jpg

 AEDによる救急救命訓練。
f0141310_85245.jpg

 パネルを用いた耐震対策説明。
f0141310_855151.jpg

 災害時特設公衆電話の使用訓練。
f0141310_861383.jpg

 炊きだし訓練。
f0141310_863280.jpg

 訓練合間に行われるスタッフの打合せ。
f0141310_865959.jpg

 駅南地区の避難所運営訓練は、今回で5回目だそうだ。
 参加するスタッフ、住民の皆さんの多くは、既に「避難所とはどういうイメージのものか」ということを理解している。
 しかし、私たちが住む吉原高校エリアは、役員自身がまずそこからスタートしなければならない。
 また、訓練の際も、「避難所とは」、「開設するには」という丁寧な説明が必要だと感じた。

by koike473 | 2012-11-30 08:09 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/18215034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 多くの人で賑わったが、少し残念... 重要な議案、報告が多い11月定... >>