亡き父の10年目に日本料理「はせ川」へ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 少し前のことだが、10月27日(土)は、家族で吉原の日本料理「はせ川」さんに出かけた。
f0141310_8174329.jpg

f0141310_8254189.jpg

 11月1日は父の命日で、ちょうど今年で亡くなって10年だ。
 お墓参りをした後、「はせ川」さんで会食をお願いした。
 「はせ川」さんは、富士市を代表する老舗の日本料理屋だ。

 大将(ご主人)は、私の高校の部活(ハンドボール部)の先輩であり、普段からいろいろお世話になっている。
 今日は、その「はせ川」さんの美しく、おいしい料理をどうぞ。

 まずは「前菜と小鉢」。海老、いくら卸し、トマト、人参、若鳥、柿、むかご真薯に柿の白和之。
f0141310_8183329.jpg

 一口大のいろいろな味付けの料理を、美しい皿に美しく並べ、「さすが老舗の料亭!」。食欲が一気に高まる。

 「吸い物」。かます風干し、蕪(かぶ)、松茸、玉子細麺。
f0141310_818519.jpg

 松茸のいい香りと、かますが絶品!

 「刺身」。しまあじ、鮪、うに、甘海老。
f0141310_819771.jpg

 どれもあぶらが乗っていて、ビールから切り替えた「ひれ酒」にピッタリ。
f0141310_8195535.jpg
f0141310_820589.jpg

 「中皿」。牛柔らか煮、まこも茸、青唐。
f0141310_8202087.jpg

 とろけるような牛肉。そして初めての食感、コリコリ・サクサクのまこも茸。

 冷酒もおしゃれだ。
f0141310_8204091.jpg

 「揚げ物」。伊勢海老、四角豆、大黒しめじのうにソースがけ。
f0141310_8205559.jpg

 やわらかく、そしてカリッと揚がった伊勢海老は、贅沢なうにソースで足の殻までおいしくペロリ。
 冷酒が進む。

 「煮物」。海老芋、ズッキーニ、子持ち鮎、紅葉麩。
f0141310_8211735.jpg

 家庭ではできない上品な味。特に出汁が染み込みホクホクの海老芋はベリーグー!

 「酢の物」。ズワイガニ。
f0141310_8213284.jpg

 写真だと少なく見えるが、「こんなに!」と思うほどボリュームが。さらに酒が進む。

 締めの「食事」。きのこ雑炊、お新香。
f0141310_8214712.jpg

 出汁がきいた温かい雑炊が、身体をいたわってくれる。

 そして「デザート」。レインボーキウイ、リンゴ、パインコンポート。
f0141310_822159.jpg

 満足感に浸りながら最後のデザートをいただいた。

 何も言うことはありません。
 目標を決めて、何かの記念日には「はせ川」へ!
f0141310_82314.jpg

by koike473 | 2012-11-14 08:27 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/18165671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< サッカーW杯予選とともに、「世... こんなヘビならかわいい 第8回... >>