市民クラブから来年度予算に向けて市長に要望書提出

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、所属する市民クラブで、鈴木市長に「平成25年度 重要施策に対する要望書」を提出した。
f0141310_8301234.jpg

 毎年、予算編成作業が行われるこの時期に、会派としてとりまとめ提出している。
 大きな項目としては、
 1 行財政改革と効率的な行政運営
 2 医療・福祉の充実
 3 自然環境の保全とごみ処理対策
 4 安全・安心なまちづくり
 5 産業振興
 6 教育と文化の振興
の6項目だ。
f0141310_8302597.jpg

 今年は、議員それぞれが一般質問等で取り上げた施策を中心としながら仕上げた。
 私が担当したのは、1 行財政改革と効率的な行財政の一部と、4 安全・安心なまちづくりだ。

 いずれもこの1年位で一般質問等で取り上げたテーマだ。
 よろしければお読みください。

 1 行財政改革と効率的な行政運営について
≪公共施設白書の作成・公表と公共施設マネジメント計画策定を求める≫
 (1)現在策定中の公共施設保全計画においては、施設のハード的な劣化度等の状況把握に加え、市民等の利用状況、減価償却等を含めたトータルな維持管理コストを明らかにした公共施設白書を作成するとともに、その公表を求める。

 (2)現有の公共施設を全て建替え・維持するには約4400億円が必要と推計された。人口が減少し、長期的な税収減と扶助費等の増大が予想される中で、真に必要な公共施設を効果的、効率的に建替え、運営していくために、前述の公共施設白書等を基に、長寿命化、複合化・合築、統廃合、民活等の考え方を踏まえた公共施設マネジメント計画策定を開始するための準備を求める。


 5 安全・安心なまちづくりの実現
 (1)公共交通網整備について
≪総合的な公共交通計画の策定を求める≫
 ①多額の公費負担が決定した岳南鉄道や各種バスの利用促進策を地道かつ強力に進めるよう求める。

 ②コンパクトシティの考え方を基本とする中で、JR駅・まちなか等の拠点を循環する形の基軸と、それに各地域から接続する枝線から構成される総合的な公共交通計画(岳南鉄道路線の上下分離方式やBRT(Bus Rapid Transit:バス高速輸送システム)等の導入可能性の検証・検討を含めた)の策定を求める。

 (2)住環境整備について
≪生活道路等の確実な整備を求める≫
 ①地区から要望が出ている生活道路、側溝、河川、沢等の改修整備、維持修繕事業は速やかに実施されると同時に、過年度の積み残しについては、確実に継続・実施できるよう整備計画を立て、環境整備予算として先んじて確保するよう求める。

 (3)防災対策について
≪自衛隊OBの防災監としての採用を求める≫
 ①地震・津波、台風や豪雨、ここに来て懸念が増している富士山の噴火等の自然災害をはじめ、その他にも考えられるさまざまな危機に際し、冷静沈着な判断対処方針のアドバイス提供や自衛隊をはじめとする関係機関との連携に基づく救助要請等に対応できる自衛隊OBの防災監としての採用を求める。

≪自主防災組織の多面的な活動支援を求める≫
 ①防災指導員の位置づけの明確化と育成に努めるとともに、地域自主防災組織においては、地区防災会議を通じた自主防災組織間の情報交換や、防災指導員による指導強化を促進し、地域の防災力強化を図るよう求める。
 ②市内に53カ所ある災害時の避難所の位置づけ・役割を改めて周知することを求める。
 ③避難所ごとに避難所運営マニュアルを作成し、それに基づく避難所運営訓練を繰り返すことを広く自主防災組織に促し支援するとともに、避難所施設を所有・管理する学校への指導・協力を求める。

 (4)安全対策について
≪通学路の優先的な整備を求める≫
 ①すべての学校区の通学路(歩道・グリーンベルト)の再点検を行い、本年度実施する緊急的な整備に加え、抜本的な対策が必要な区間については優先的かつ早期の整備・対策に取り組むよう求める。

 市長は、「来年度の予算にどのように反映できるか検討し、2月議会で予算案でお示ししたい」と話された。
 各部署では、予算案はほぼ固まりつつあるが、どのように検討・反映されるか2月議会を期待したい。

by koike473 | 2012-11-06 08:31 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/18139495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「第三の男」の名曲が頭から離れ... 紙フェア、商工フェア、農林水産... >>